Menu
(0)

Search

【夕刊】「ベター・コール・ソウル」ボブ・オデンカーク撮影復帰/ニコラス・ケイジが西部劇主演/『ホーンテッドマンション』再映画化にオーウェン・ウィルソン

THE RIVER夕刊号では、その日の記事にはあげられなかったけれど注目しておきたいニュースや話題をまとめてお届け。2021年9月9日のトピックはこちら!

ボブ・オデンカーク、「ベター・コール・ソウル」撮影復帰

心臓発作で緊急搬送されていた俳優のボブ・オデンカークが、無事に病院から退院し、「ベター・コール・ソウル」(2015-)シーズン6の撮影現場に復帰したようだ。「ベター・コール・ソウル」はシーズン6で完結を迎える予定で、全13話構成で2022年に配信見込み。

ニコラス・ケイジ、西部劇で主演

ニコラス・ケイジが西部劇『The Old Way(原題)』で主演を務めることがわかった。ニコラス・ケイジが演じるのは、元ガンマンで、現在は雑貨店を営み、家族と静かに暮らしているコルトン・ブリッグス。ある日、無法者たちに妻を殺されてしまう。ブリッグスは再び銃を手にし、12歳の娘と共に無法者たちに立ち向かうことになる。監督は、『アクト・オブ・バイオレンス』(2018)のブレット・ドノフー。

Source: Deadline

ディズニー『ホーンテッドマンション』再映画化に「ロキ」オーウェン・ウィルソン

ディズニーランドの人気アトラクション「ホーンテッドマンション」の再映画化企画に、『ミッドナイト・イン・パリ』(2012)「ロキ」(2021-)などで知られるオーウェン・ウィルソンが参加する。発表済みのキャストは、ラキース・スタンフィールドとティファニー・ハディッシュ。監督は『ディア・ホワイト・ピープル』(2014)ジャスティン・シミエン、製作は『IT/イット』シリーズのダン・リン&ジョナサン・アイリックが担当する。2021年10月、米アトランタにて撮影開始予定。

Source: The Hollywood Reporter

ダスティン・ホフマンとサム・ニールら、戯曲『ピグマリオン』映画化を描くコメディ映画で豪華共演

ダスティン・ホフマン、サム・ニール、アイリーン・アトキンス、デレク・ジャコビ、エイダン・ターナー、ロジャー・アラム、ブリタニー・スノウがコメディ映画『Mr. Shaw Goes To Hollywood(原題)』で豪華共演を果たす。戯曲『ピグマリオン』の映画化を目指すハリウッドのエリートたちと、執筆したジョージ・バーナード・ショーのドラマが描かれる。実際に『ピグマリオン』は『マイ・フェア・レディ』としてミュージカル化・映画化されているが、映画ではこれ以前に起こっていたかもしれない物語を描くという。

Source: Deadline

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly