Menu
(0)

Search

【夕刊】DC新ドラマ「ゴッサム ・ナイツ」バットガールが登場へ/『ライトハウス』監督新作、ハリー・スタイルズ降板/「スノーピアサー」にクラーク・グレッグ

THE RIVER夕刊号では、その日の記事にはあげられなかったけれど注目しておきたいニュースや話題をまとめてお届け。2022年3月29日のトピックはこちら!

DC新ドラマ「ゴッサム ・ナイツ」に4代目バットガール、ステファニー・ブラウン登場へ

米CW局の新DCドラマ「ゴッサム・ナイツ(原題:Gotham Knights)」の新キャストとしてアンナ・ロアが参加。主要キャラクターの1人ステファニー・ブラウンを演じる。原作コミックでは4代目バットガールとして知られる。「ゴッサム・ナイツ」は、バットマン亡き世界を舞台に、ヴィランたちの子の世代の奮闘が描かれるドラマ。

Source: Deadline

『ライトハウス』監督新作、ハリー・スタイルズが降板

『ウィッチ』(2015)『ライトハウス』(2019)などのロバート・エガース監督、『吸血鬼ノスフェラトゥ』(1922)リメイク版よりハリー・スタイルズが降板した。その理由は、スケジュールの都合によるものだという。アニャ・テイラー=ジョイとは引き続き出演交渉が行われている最中とのことだ。

Source: The New Yorker

「スノーピアサー」シーズン4にクラーク・グレッグ参加、ショーランナーも交代

米TNTによるドラマ「スノーピアサー」シーズン4に、クラーク・グレッグとマイケル・アロノフが出演。あわせて、シーズン4のショーランナーとして、「ヘルストローム」(2020)のポール・ズビゼウスキーがグレイム・マンソンの後任として入る。ズビゼウスキーは新キャストのグレッグと「エージェント・オブ・シールド」(2013-2020)で仕事を共にしている。なお、ショーランナーの交代は、シーズン1開始前にも「創造上の相違」を理由に起きていた。シーズン4の撮影はすでに進行中。

Source: Variety

ジェニファー・ロペスが新ドラマを製作、米Amazonが配給権を獲得

ジェニファー・ロペス製作の新ドラマ「Backwards in Heels(原題)」を巡る熾烈な配給権争いを米Amazon Studiosが勝ち取った。脚本・監督は『フィッシャー・キング』(1991)でアカデミー賞脚本賞にノミネートされたリチャード・ラグラヴェネーズ。第二次世界大戦後のニューヨーク・シティを舞台に、「バルビゾン・ホテルに住まう魅惑的な女性たち」の物語が描かれる。

Source: Deadline

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly