Menu
(0)

Search

【夕刊】マーベルがコミコンに3年ぶり参加/マーク・ハミル、最も高額な所持品は『エピソード4』のブーツ/『ザ・レイド』新映画は「リメイクではない」と監督

THE RIVER夕刊号では、その日の記事にはあげられなかったけれど注目しておきたいニュースや話題をまとめてお届け。2022年6月27日のトピックはこちら!

マーベル、コミコン3年ぶりのカムバックへ

マーベル・スタジオが2022年7月21〜24日に開催される米サンディエゴ・コミコンに出展する。ケヴィン・ファイギ社長が発表した。同スタジオのコミコン参加は3年ぶり。ファイギは「未来についても話せることを楽しみにしています」と予告している。

Source: Deadline

『ザ・レイド』新映画は「リメイクではない」と監督

アクション映画『ザ・レイド』を再映画化する企画について、パトリック・ヒューズ監督が「リメイクではなく、リ・イメージング」と予告。「あまり多くは話せないが、とても興奮している」とした。この新作ではアメリカ・フィラデルフィアの悪地が舞台になる。ヒューズ監督は『マン・フロム・トロント』がNetflixで配信開始になったばかり。

Source: Comicbook.com

マーク・ハミル、最も高額な所持品は『エピソード4』のブーツ

スター・ウォーズ』ルーク・スカイウォーカー役のマーク・ハミルはTwitterで、「所有する中で最も価値があるもの」を尋ねられ、1作目(『エピソード4/新たなる希望』)のブーツだと答えた。手放すつもりはないため、「価値はわからない」としているが、査定されればかなり高額になることは間違いない。

Source: Mark Hamill(Twitter)

フランソワ・オゾン監督最新作の米予告が公開

フランソワ・オゾン監督最新作『Peter von Kant(原題)』より米国版予告編が公開された。ベルリン国際映画祭にて上映された本作は、ライナー・ヴェルナー・ファスビンダー『ペトラ・フォン・カントの苦い涙』(1972)を基に独自の視点から紐解く作品と伝えられている。

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

プレデター:ザ・プレイ

『プレデター:ザ・プレイ』狩るか狩られるか?観たかった「プレデター」が詰まった戦慄サバイバル ─ シリーズ復習で備えよう

アンビュランス

『アンビュランス』は何位?マイケル・ベイ人気投票「BAY-1(ベイワン)グランプリ 」結果発表【プレゼント】

L.A.コールドケース

【解説】ジョニー・デップ『L.A.コールドケース』ラッパー暗殺事件って? ─ 90年代ヒップホップ界で起きた最悪の未解決事件とは

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

Ranking

Daily

Weekly

Monthly