Menu
(0)

Search

巨大ザメが下にいるのに浮気発覚でカップル大喧嘩、『海上48hours ―悪夢のバカンス―』スリル満点の本編映像

海上48hours
© Vitality Jetski Limited 2021

海底に閉じ込められた危機的状況から脱する恐怖を描いたパニックスリラー『海底47m』シリーズの製作陣が、舞台を海上に移して再び海の恐怖を描くサバイバルスリラー『海上48hours ―悪夢のバカンス―』が2022年7月22日(金)より全国公開となる。これに先がけ、故障した水上バイクの上で携帯の電波も届かない海上を漂流する最悪の状況を捉えた驚愕の本編映像が公開された。

本作は、シャークケージダイビングに興じる姉妹が、海底深くに落下した檻から脱出する様をスリリングに描いた『海底47m』(2017)、古代マヤ文明の海底遺跡に閉じ込められた女子高生たちの決死のサバイバル劇『海底47m 古代マヤの死の迷宮』(2020)の製作陣が放つ、海の恐怖を描いた新たな海上スリラー。メキシコのビーチでバカンスを楽しむ大学生5人組。酔っぱらった勢いにまかせて無断で水上バイクを乗り回す彼らだったが、衝突事故を起こしてしまい、壊れたバイクで遥か海上沖を漂うことに。

友情で結ばれていた彼らを待っていたのは、回避不可能な危機的状況の数々。さらに、追い打ちをかけるように獰猛なホホジロザメが彼らを襲う。2日間の恋と友情のバカンスは、サメと裏切りのサバイバルへと化していく……。

海上48hours
© Vitality Jetski Limited 2021
海上48hours
© Vitality Jetski Limited 2021

アメリカの大学生が最も羽目を外す春休み“スプリングブレイク”にビーチにやってきた女子大生ナット(ホリー・アール)ら男女5人組は、盗んだ水上バイクで沖に出る。海上でチキンレースに興じた結果、2台は正面衝突。1台は大破、残る1台はエンジントラブルが発生し、5人は身動きが取れなくなる。このシーンは、彼らに訪れる予想だしない余りにも最悪な事態を捉えたもの。携帯の電波は繋がらず、正面衝故の時に大怪我を負ったグレッグ(トーマス・フリン)は意識が朦朧とし始めていた。

バイクが沖に流され始め、周りには船も全くおらずなす術もない中、ナットは恋人であるトム(ジャック・トゥルーマン)の携帯のガラスを反射させ、誰かに見つけてもらおうと懸命に携帯をかざし続けている。そんなナットが、トムの携帯のメッセージをうっかり見てしまう。トムは、ナットの親友でまさにこの場にいるミリー(キャサリン・ハネイ)と一夜を共にしていたのだ。思いもよらないシチュエーションで訪れた最悪の展開に、ナットとトムは携帯の奪い合いからの激しい口論へと発展。そうこうしているうちに唯一の命綱であるトムの携帯は海の底へと沈んでいく。トムは携帯を救おうととっさに海に飛び込んだ。

海上48hours
© Vitality Jetski Limited 2021
海上48hours
© Vitality Jetski Limited 2021
海上48hours
© Vitality Jetski Limited 2021

海上を漂流する彼ら5人を襲う絶対絶望の恐怖を描く中でも、この“浮気発覚”は本作の日本公開が発表された時に際立って反響の大きかった設定。全く想定外の展開ともいえるが、この後の彼らの命の行方、そしてこの修羅場の先に何が待ち受けるのか。続きが気になる映像となっている。

監督は、『海底47m』『海底47m 古代マヤの死の迷宮』でセカンドユニット監督を務めた実績を持ち、『ゲットバック 人質奪還』(2016)などの監督であるジェームズ・ナンが務めた。脚本には衝撃の実録ドラマ『暁に祈れ』(2017)のニック・ソルトリーズが起用されている。ソルトリーズは、「この映画では、友情が壊れていく変化の形をより深く描いています。というのも、観客はサメの立場に立つというよりも、若者たちが経験することに共感するはずだからなんです」と、ストーリーにおける狙いを語る。「サメのアクションが重要なのは当然ですけど、サスペンス的な要素を春休みの若者たちの視点から見ることが肝でした」。

海上48hours
© Vitality Jetski Limited 2021
海上48hours
© Vitality Jetski Limited 2021

映画『海上48hours ―悪夢のバカンス―』は2022年7月22日(金)新宿バルト9他 全国ロードショー。

あわせて読みたい

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

プレデター:ザ・プレイ

『プレデター:ザ・プレイ』狩るか狩られるか?観たかった「プレデター」が詰まった戦慄サバイバル ─ シリーズ復習で備えよう

アンビュランス

『アンビュランス』は何位?マイケル・ベイ人気投票「BAY-1(ベイワン)グランプリ 」結果発表【プレゼント】

L.A.コールドケース

【解説】ジョニー・デップ『L.A.コールドケース』ラッパー暗殺事件って? ─ 90年代ヒップホップ界で起きた最悪の未解決事件とは

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

Ranking

Daily

Weekly

Monthly