痛快?トラウマ?『T2 トレインスポッティング』を観る前に楽しみたい、おすすめ”ヤク中映画”5選

いよいよ4月8日に上映が迫った『T2 トレインスポッティング』。

『トレインスポッティング』の映画のジャンルは?と聞かれるとなんと答えたらいいか少し迷わないだろうか?
青春ストーリー?間違ってはいないが少々ジャンキーすぎる。おしゃれ系映画?確かにおしゃれだが、決して『ゴッド・ヘルプ・ザ・ガール』『シェルブールの恋人』のようなきれいなファッショナブルさではない。「サブカル映画の金字塔」とよく言われるが、うーん、サブカル映画ってそもそもなんだ?

そこで勝手に、『トレインスポッティング』といえばドラッグということで、”ヤク中映画”とでも名付けることにしよう。

ドラッグはもちろん「ダメ、絶対。」しかし映画の世界には、愛すべきヤク中たちが溢れている。
今回は『T2 トレインスポッティング』が待ちきれない方必見!コミカルな痛快青春ものからこっちまで中毒気分、トラウマ(?)覚悟の作品まで、”ヤク中”映画を5選ご紹介しよう。

『SPUN (スパン)』

http://www.imdb.com/title/tt0283003/mediaviewer/rm1034950656

http://www.imdb.com/title/tt0283003/mediaviewer/rm1034950656

ミッキー・ロークや故・ブリタニー・マーフィが出演する、ドラッグ中毒の若者たちを描いた作品だ。
主人公たちは皆どこまでも堕落しきっていて、下品で、めちゃくちゃだ。しかしそんなどうしようもない彼らだって青春したいし、恋もしたい!みな自業自得なのに、なぜか憎めない。

http://www.imdb.com/title/tt0283003/mediaviewer/rm2259138560

http://www.imdb.com/title/tt0283003/mediaviewer/rm2259138560

ポップなジャンキーさ加減は、トレスポと似たところがある『スパン』。美人なブリタニー・マーフィだがこういったラリった役が似合うし、とびきりかわいくてセクシーな所もポイントだ。暗い気持ちにならずにぶっ飛んだヤク中映画が観たい方は『スパン』を是非!DVDのメニュー画面からまずクレイジーでおしゃれなので、そこでもテンションが上がってしまう。

『Requiem for a dream(レクイエム・フォー・ドリーム)』

http://www.imdb.com/title/tt0180093/mediaviewer/rm3305703424

http://www.imdb.com/title/tt0180093/mediaviewer/rm3305703424

若きジャレッド・レト主演のヤク中映画、『レクイエム・フォー・ドリーム』。主人公4人がふとしたきっかけでドラッグにのめり込み、堕ちていく姿を描く。

経験したことがないはずなのに、まるで自分もその状況にいるかのような感覚。今までのトラウマや恐怖がフラッシュバックしてくるかのような、ゾッとする映画だ。ドラッグの恐ろしさを伝えるなら、この映画を観るのが1番早いのではないだろうか。

スピード感あるスタイリッシュな作品だが観終わったあとはかなり暗い気持ちになるので、ご注意を。堕落してもジャレッド・レトのブルーの瞳はどこまでも綺麗で、それがまた切ない!

『ENTER THE VOID(エンター・ザ・ボイド)』

http://www.imdb.com/title/tt1191111/mediaviewer/rm3264839680

http://www.imdb.com/title/tt1191111/mediaviewer/rm3264839680

鬼才ギャスパー・ノエ監督による、東京を舞台にした作品だ。死んだ主人公が魂だけとなり、残した妹を見守るという物語。”輪廻転生” や”生死観”、”性”ついて考えさせられる映画だが、そのサイケで過激な映像に心を持っていかれてしまう。

http://www.imdb.com/title/tt1191111/mediaviewer/rm2476441600

http://www.imdb.com/title/tt1191111/mediaviewer/rm2476441600

この『エンター・ザ・ボイド』の1番の見所は、死んだ主人公の目線で映される映像だろう。本当に空中浮遊しているかのようなふわふわとした映像は、幻覚や悪夢を見ているかのようだ。そしてネオンきらめく東京の街がまた寂しく、退廃的。1度観たら忘れられない作品になること間違いなしだ。オープニングがとてもスタイリッシュで格好いいので、ぜひ注目を!

『パプリカ』

http://www.imdb.com/title/tt0851578/mediaviewer/rm2016819456

http://www.imdb.com/title/tt0851578/mediaviewer/rm2016819456

近年日本のアニメ映画が盛り上がりをみせているが、忘れちゃいけないのが今敏監督だ。そんな彼の作品『パプリカ』 は、”夢”をテーマにした物語だ。事精神医学の第一人者でありサイコセラピストである主人公の周りで起こり始める、他人の夢に入り込み悪夢を見させることによって精神を崩壊させるという事件。

『インセプション』 を彷彿させる、夢と現実が混同した恐ろしい世界。決して”ヤク中”の物語ではないが、和風でありながらサイケデリックでポップな映像は、私たちの心をざわざわと刺激する。

美しい狂気に満ちたおどろおどろしいこの作品は、観終わったあとは放心状態になってしまうこと間違いなし。夜中の視聴は本当に悪夢を見そうになるので、明るいところで観ることをおすすめ。現実からトリップしたいあなたはぜひ『パプリカ』 を。

『Naked Lunch(裸のランチ)』

http://www.imdb.com/title/tt0102511/mediaviewer/rm827014912

http://www.imdb.com/title/tt0102511/mediaviewer/rm827014912

デヴィット・クローネンバーグがつくるヤク中映画なんて、普通なわけがない!この『裸のランチ』は作家ウィリアム・バロウズが薬物中毒である時に書いた小説が原作だ。その時に見える幻覚や感情をしたためたつぎはぎのメモのようなその物語をもとに、クローネンバーグが映像化したのである。

主人公は害虫駆除の仕事をする男。この作品には様々な偉業のものが登場する。魚の化け物や、虫のタイプライター、その化け物たちが喋ったり動いたり、まあ気持ち悪いこと。映像もあの害虫を連想させるかのような、茶色がかった陰鬱なもの。

しかし観ているうちにそのグロテスクな化け物たちも”普通”なんじゃないかと感じてくるところが、この作品の1番恐ろしいところだ!ただ虫嫌いな方はトラウマになること間違いなしなので、もし観る時は思いっきり薄目で。

愛すべきジャンキーたち、狂気に満ちた映像、こちらもそんな気分になってしまう恐ろしくも魅力的な” ヤク中映画”。ぜひ『T2 トレインスポッティング』を観る前に、これらの作品をチェックしてみてはいかがだろうか?

Eyecatch Image:http://www.imdb.com/title/tt1191111/mediaviewer/rm2476441600

About the author

フリーライター(1995生まれ/マグル)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ポップカルチャーは世界を変える

TwitterでTHE RIVERをフォローしよう!


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。