【全ネタ解説】『デッドプール2』特報映像でヒーローの早着替えをネタに!『ローガン』『ケーブル』もついでにイジってファン歓喜

日本時間の3月4日朝、続編が待たれる映画『デッドプール』より、特報映像が公開された。デッドプールことウェイド・ウィルソンを演じるライアン・レイノルズが自身のTwitterに掲載している。


『ヒーローあるある』をネタに

No Good Deed”(=善行なし)とのタイトルで公開された今回の特報映像は、荒んだ街を歩くウェイドの後ろ姿から始まる。路地裏で老人が恐喝されているのを目撃したウェイドは、急いで電話ボックスに飛び込んでコスチュームに着替えるが、準備が整う前に老人が殺されてしまう、というブラックジョークだ。

デッドプールといえば、前作でも『スーパーヒーローがよくやる着地体制(Superhero Landing)』をネタにしていたが、本特報映像でもそのセンスは健在だ。解説するのも野暮なくらいだが、この動画では『スーパーヒーロー早着替え』をネタにしている。電話ボックスでコスチュームに着替えるのはスーパーマンの定番だし、言うまでもなくBGMで流れているのはスーパーマンのテーマ。デッドプールはマーベルのヒーローなのに、DCヒーローの楽曲を使っちゃうなんて、そこに痺れる憧れるぅってヤツである。

俺ちゃん節炸裂、特報映像のネタ解説

本映像は4分足らずの短さながら、デッドプールお得意の『第四の壁』を越えたギャグがいくつか散りばめられている。笑いどころを解説するのはナンセンスだが、せっかくなので簡単にご紹介しておきたい。

衣装担当のレアードさん

電話ボックスでの早着替えに悪戦苦闘するデッドプールが電話をかけた相手は、レアードという名の人物。どうやら不在だったようで、「電話があったことを伝えておいてくれ」とだけ言い残しているが、映像の最後でこの人物はデッドプールの衣装担当スタッフであることが明かされる。

ちなみに、『デッドプール』の本当の衣装スタッフの名前はアンガス・ストラティーで、レアードという名のスタッフは存在しない。

黙れスタン・リー

stanlee

https://youtu.be/I4tFNfROlqk

電話ボックスを飛び出したデッドプールに「いいスーツだね!」と声をかける老人は、言うまでもなくスタン・リー。これまでマーベル映画に幾度となくカメオ出演してきた御大だが、今回は特報映像の段階で顔出ししてくれていること、さらにデッドプールならではの反則技で、カメオ出演したスタン・リーを初めてスタン・リーとしてツッコむという点で新しい。

ごちゃまぜBGM

映像の冒頭でウェイドがイヤホンで聴いている曲と、「黙れスタン・リー!」の後、スローモーションでデッドプールが駆け出す映像の後ろで流れているのは同じ曲で、1985年の映画『セント・エルモス・ファイアー』の主題歌。そして映像の終盤、デッドプールが撃たれた老人を枕にして1人漫談を始めるシーンからバックで流れているのは、1993年の映画『トゥルー・ロマンス』サウンドトラックから、”You’re So Cool”。『トゥルー・ロマンス』といえば、クエンティン・タランティーノ脚本の痛快ロードムービーだ。80年代の青春群像劇から、ジョン・ウィリアムズのスーパーマン、そしてタランティーノ映画の楽曲と、ポップカルチャーのオイシイところを俺ちゃん流に闇鍋調理した。

ケーブルいじり

deadpool2-2

https://youtu.be/I4tFNfROlqk

ウェイドが飛び込む電話ボックスをよく見ると、“Nathan Summers Cumming Soon!”と書かれている。 Nathan Summers(ネイサン・サマーズ)とは、前作エンディング後のオマケシーンでも次回作への登場が予告されていたX-MENのケーブルの本名だ。

ちなみに、”Coming Soon”のスペルが ”Cumming Soon!”になっているが、Cumとは精子のこと。日本語にするなら、「ネイサン・サマーズがもうすぐイクよ!」といった具合のど下ネタである。次回作に登場するケーブルは、デッドプールに散々イジり倒されることを覚悟しておいたほうが良さそうだ。

ローガンいじり

前作『デッドプール』でも、ウルヴァリン…というか、ヒュー・ジャックマンをイジっていた俺ちゃんは、よほど好きなのか今回もネタにしている。

https://youtu.be/I4tFNfROlqk

https://youtu.be/I4tFNfROlqk

まず、電話ボックスに駆け込むシーンで、後ろに映る映画館のパネルを見ると、はっきりと“TONIGHT LOGAN”と書かれている。そして、銃撃現場に駆けつける場面でも、画面右にローガンのポスターが貼られているなど、芸の細かさに余念がない。デッドプールの暮らすバースでは、我々の世界同様にローガンが上映中なのだ。たぶん、ウェイドも我々同様に、映画館に『ローガン』を鑑賞に出掛けるに違いない。

https://youtu.be/I4tFNfROlqk

https://youtu.be/I4tFNfROlqk

さらに後半、射殺されてしまった老人の亡骸を枕にしながら、「あんたがローガンだったら多分死ななかったろうな。あいつどうなっちゃうんだろうな?」と、『ローガン』について観客目線でぼやく。その後、ヒュー・ジャックマン風にオーストラリア訛りで「タンクトップとジーンズ履いてさ。イェーイ、汗ばんだタンクトップ好きだぜ。犯罪行為楽しもうぜ。コアラにハグしようぜ」とイジり倒して映像は終わる。

『ローガン』へのバトン

この特報映像は、3月3日に全米公開となった『ローガン』の本編上映前に放映されたもの。俺ちゃんが大好きな『ローガン』への、彼なりのオープニング・アクトということだ。ちなみに劇場で公開されたものは、ネット上のものに比べ少し短いそうだ。

『デッドプール』といえば、2016年末には前作の監督ティム・ミラーが降板するなど、ちょっぴり不安なニュースも飛び出したが、その後『ジョン・ウィック』のデヴィット・リーチ監督が後任に決定している。そしてこの度、相変わらずの俺ちゃん節が炸裂するナイスな特報映像を公開してくれたのだから、ひとまず安心して続編を待つことができそうだ。

『デッドプール2(仮題)』は2018年3月2日全米公開予定。
『ローガン』は2017年3月3日より全米公開。日本では6月1日公開予定。

Source:http://screenrant.com/deadpool-2-teaser-trailer-online-stan-lee/
http://www.theverge.com/2017/3/4/14814330/heres-the-deadpool-2-teaser-playing-before-logan
http://www.moviequotesandmore.com/deadpool-2-trailer-quotes/
https://twitter.com/VancityReynolds/status/838055585568473088
http://www.ign.com/articles/2017/03/03/deadpool-2-teaser-featuring-ryan-reynolds-playing-before-logan
http://community.comicbookresources.com/showthread.php?74508-Deadpool-2-Movie-Speculation-and-Discussion/page26
http://screenrant.com/deadpool-2-logan-trailer-easter-eggs/

About the author

インド旅行中、たまたま現地新聞に写真を撮られて掲載されるというミラクルを起こしました。持ってる男。THE RIVER編集長。ライター、メディアの運営や映画などのプロモーション企画を行っています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ポップカルチャーは世界を変える

TwitterでTHE RIVERをフォローしよう!


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。