Menu
(0)

Search

ライアン・レイノルズの『6アンダーグラウンド』続編が製作されないのは「クリエイティブ的にうまく出来たと思えないから」 ─ Netflixプロデューサーがバッサリ

6アンダーグラウンド
Netflixオリジナル映画『6アンダーグラウンド』独占配信中

『デッドプール』のライアン・レイノルズ主演、『トランスフォーマー』シリーズなどの“破壊王”マイケル・ベイ監督によるアクション映画『6アンダーグラウンド』は、2019年のNetflixの目玉作品のひとつだった。世界中から選ばれた精鋭6人がミッションに挑む、大スケールの作品だ。マイケル・ベイ印のダイナミックな演出を、レイノルズが「マイケル・ベイ史上最もマイケル・ベイな映画」と表現して盛り上げたものだ。

『6アンダーグラウンド』は続編の余地があるようなラストを迎えていたが、残念ながらこれは実現しなさそうだ。1億5,000万ドルの製作予算が投じられた同作は、配信開始後4週で8,300万世帯再生というヒットを記録していたが……。

クリエイティブ的にうまく出来たと思えないんです」と、Netflixオリジナル映画のプロデューサー、スコット・スタバーは米Varietyに明かしている。「なかなかのヒットではありましたが、結局のところ、再び戻るようなものを打ち立てた実感がないんです。キャラクターたちや世界観にも、そこまで深い愛着が沸かなくて」。

『6アンダーグラウンド』にはライアン・レイノルズのほか、『ボヘミアン・ラプソディ』(2018)ロジャー・テイラー役のベン・ハーディや『イングロリアス・バスターズ』(2009)メラニー・ロラン、『21ジャンプストリート』『グランド・イリュージョン』シリーズのデイヴ・フランコらが出演していた。レイノルズは2019年、続編があるなら「みんなやりたい。僕たちお互い、愛があるから」と答えていたものだが、皮肉なことにNetflixからの愛は受けられず、1作かぎりの活躍となってしまうようだ。

Source:Variety

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

THE RIVER創設者。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly