Menu
(0)

Search

2019年(第76回)ゴールデングローブ賞ノミネート映画一覧 ─ 日本での公開予定も続々

第76回ゴールデングローブ賞のノミネーションが現地時間2018年12月6日に発表された。映画とテレビドラマの優れた作品に与えられるこの賞は、アカデミー賞の前哨戦としても注目度の高いものだ。この記事では、各部門にノミネートされた作品やキャストの中から注目したい映画についてお届けしよう。

バイス

VICE(原題)
© 2018 ANNAPURNA PICTURES, LLC. All rights reserved.

このたびのゴールデングローブ賞で最多6部門ノミネートとなったのが、『VICE(原題)』。『ダークナイト』(2008)のクリスチャン・ベイルが20キロ増量という驚異の役作りでアメリカ史上最も権力を持った副大統領ディック・チェイニーを描いた社会派エンターテイメントだ。

作品賞(ミュージカル/コメディ部門)、監督賞(アダムマッケイ)、脚本賞(アダム・マッケイ)、主演男優賞(クリスチャン・ベール)、助演男優賞(サム・ロックウェル)、助演女優賞(エイミー・アダムス)でのノミネート。ちなみにクリスチャン・ベールは『ザ・ファイター』で(2010)助演男優賞を受賞しているほか、主演男優賞ノミネートとしては3年ぶり4回目のノミネート。このニュースに合わせて、邦題が『バイス』になることも発表された。

日本では2019年4月、TOHOシネマズ日比谷ほか全国ロードショー。

女王陛下のお気に入り

女王陛下のお気に入り
(C)2018 Twentieth Century Fox

オリヴィア・コールマン、エマ・ストーン、レイチェル・ワイズといった実力派女優が豪華共演を果たした『女王陛下のお気に入り』は、作品賞(ミュージカル・コメディ部門)、女優賞(オリヴィア・コールマン:ミュージカル・コメディ部門)、助演女優賞(レイチェル・ワイズ、エマ・ストーン)、脚本賞(デボラ・デイヴィス、トニー・マクナマラ)の主要賞4部門5ノミネートを果たした。レイチェルとエマが助演女優賞にダブル・ノミネートを果たしたことは特筆すべきだろう。美しい宮廷を舞台に、3人の女たちの複雑な関係性が名演技と共に描かれる。なお、レイチェル・ワイズとエマ・ストーンからは、以下の喜びのコメントも届けられた。

レイチェル・ワイズ

「『女王陛下のお気に入り』を認めていただいたハリウッド外国人映画記者協会の皆様に感謝致します。私は素晴らしい共演者であるエマを含む、輝きを放つ女優陣と並んでノミネートいただけたことを誇りに思います。
そして私たちの”女王オリヴィア”のノミネートに心より敬服致します。これらの栄誉は私達の監督、ヨルゴス・ランティモスの素晴らしい才能の証明です。」

エマ・ストーン

「この栄誉をハリウッド外国人映画記者協会の皆様に感謝致します!
私が心から愛するオリヴィア・コールマンとレイチェル・ワイズとこの映画で共演でき、そのほか全ての素晴らしい俳優陣、脚本のトニー(・マクナマラ)とデボラ(・デイヴィス)、才能溢れるプロデューサーの方々と仕事が出来たことは信じられない喜びでした。
『女王陛下のお気に入り』はヨルゴス・ランティモスという素晴らしいビジョンを持った方無しでは存在しなかったでしょう。ヨルゴス(・ランティモス)に、彼の指導、聡明さ、そして友情に感謝致します。」

日本では2019年2月15日(金)全国ロードショー。

ブラックパンサー

ブラックパンサー
Black Panther (2018)
Directed by Ryan Coogler
©Walt Disney Studios Motion Pictures 写真:ゼータイメージ

マーベル映画初の黒人ヒーローを描いた本作は世界中で社会現象的ブームを巻き起こし、これまでアメコミ映画を評価することが少なかったアカデミー賞が本作のために「人気映画賞」の設置を検討したことが話題になるなど、2018年最大作のひとつ『ブラックパンサー』はゴールデングローブでも3部門ノミネート。作品賞(ドラマ部門)、作曲賞、主題歌賞の候補となった。

ブラック・クランズマン

ブラック・クランズマン
(C)2018 FOCUS FEATURES LLC, ALL RIGHTS RESERVED.

映画『ブラック・クランズマン』は、『ドゥ・ザ・ライト・シング』(1989)や『マルコムX』(1992)などの鬼才スパイク・リー監督による最新作。過激な白人至上主義団体KKK(クー・クラックス・クラン)に黒人刑事が潜入捜査するとい1979年の実話を映画化した本作は、ゴールデングローブ賞に先駆けて第71回カンヌ国際映画祭で最高賞パルムドールに次ぐグランプリを受賞している。

このたびは、作品賞(ドラマ部門)、名優デンゼル・ワシントンを実父にもつジョン・デヴィッド・ワシントンが主演男優賞、アダム・ドライバーが助演男優賞、スパイク・リーが監督賞にノミネートされた。

日本では、2019年3月TOHOシネマズ シャンテほか全国ロードショー。

グリーンブック

グリーンブック

既に本年度トロント国際映画祭で最高賞となる観客賞も受賞し、アカデミー賞最有力とも囁かれる『グリーンブック』も5部門のノミネート。作品賞(ミュージカル・コメディ部門)、主演男優賞(ヴィゴ・モーテンセン:ミュージカル・コメディ部門)、助演男優賞(マハーラシャ・アリ:ミュージカル・コメディ部門)、監督賞(ピーター・ファレリー)、脚本賞(ニック・バレロンガ、ブライアン・クリー、ピーター・ファレリー)となった。黒人差別が根強い1962年を舞台に、粗野で無教養なイタリア系用心棒と、インテリな天才黒人ピアニストという何もかも正反対な二人が、黒人用旅行ガイド「グリーンブック」を頼りに危険な南部を目指すという物語。

日本では2019年3月1日(金)よりTOHOシネマズ 日比谷他全国ロードショー。

THE OLD MAN & THE GUN

THE OLD MAN & THE GUN
Photo by Eric Zachanowich. © 2018 Twentieth Century Fox Film Corporation All Rights Reserved

ハリウッドを代表する名優ロバート・レッドフォードの最新作であり俳優引退作、実在した伝説の銀行強盗犯を描くクライム&ラブ・ストーリー『THE OLD MAN & THE GUN(原題)』は、主演男優賞(ミュージカル/コメディ部門)のノミネートとなった。これに合わせ、無事に日本公開も決定。

1980年代初頭から、アメリカ各地で銀行強盗事件が頻繁に多発。その犯人は、度重なる銀行強盗とそれによる逮捕と脱獄を繰り返していたが、その犯行スタイルはいわゆる強盗のイメージを覆すような、発砲もしなければ暴力も振るわない、礼儀正しい紳士的な老人だった。

ハリウッド屈指の美男俳優として数多くの映画に出演し、オールド・スタイルの二枚目を演じ続けてきたレッドフォード。約60年に及ぶキャリアの最終地だ。レッドフォードの往年の名作への愛に溢れた、全ての映画ファンに贈る本作品の続報に注目しておこう。

日本では2019年夏 TOHOシネマズ シャンテ他全国公開。

ビール・ストリートの恋人たち

ビール・ストリートの恋人たち
(c)2018 ANNAPURNA PICTURES, LLC. All Rights Reserved.

アカデミー賞受賞『ムーンライト』のバリー・ジェンキンス監督最新作として注目を集める『ビール・ストリートの恋人たち』は、作品賞(ドラマ部門)、助演女優賞(レジーナー・キング)、脚本賞(バリー・ジェンキンス)の3部門ノミネート。

原作は、オバマ大統領やマドンナらが敬愛し、今年、ドキュメンタリー映画『私はあなたのニグロではない』が公開された作家ジェームズ・ボールドウィンの原作「ビール・ストリートに口あらば」。1970年代NYハーレムに生きる若い二人の愛と信念の物語を、圧倒的な映像美と叙情的な音楽で描き出す。

日本では、2019年2月22日(金)、TOHOシネマズ シャンテほか全国公開。

ファースト・マン

ファースト・マン
©Universal Pictures

ライアン・ゴズリングとデイミアン・チャゼルが来日を果たしたばかりの『ファースト・マン』は、助演女優賞(クレア・フォイ)、作曲賞(ジャスティン・ハーウィッツ)にノミネート。『蜘蛛の巣を払う女』(2018)での圧倒的演技力で既に注目を集め、ライアン・ゴズリング演じるニール・アームストロングの妻・ジャネットを熱演しているクレア・フォイはTV部門における「ザ・クラウン」以来3度目のノミネート。またチャゼル監督の短編デビュー作品ほか『セッション』、『ラ・ラ・ランド』でもオリジナル作曲を手がけているジャスティン・ハーウィッツは『ラ・ラ・ランド』に続き、2作品連続2度目のノミネートとなった。

日本では、月面着陸から50周年のアニバーサリーイヤーとなる2019年2月8日(金)に公開。

永遠の門 ゴッホの見た未来

At Eternity’s Gate
© Walk Home Productions LLC 2018

ウィレム・デフォーがフィンセント・ファン・ゴッホを演じる『At Eternity’s Gate』は、デフォーが主演男優賞(ドラマ部門)にノミネート。これに合わせ、本作の邦題が『永遠の門 ゴッホの見た未来』となることも発表となった。

『永遠の門 ゴッホの見た未来』は、精神に病を抱え、近しい芸術家たちとも真っ当な人間関係を築けず、常に孤独の中に生きたフィンセント・ファン・ゴッホを描く作品。唯一才能を認め合い、心の内をさらけ出すことのできたゴーギャンとの出会いと、共同生活の破綻。そして、いまだ多くの謎が残る死。生きているうちに誰にも理解されなくとも、自分が見た「世界の美しさ」を信じ、筆を握り続けたゴッホを、『潜水服は蝶の夢を見る』(2007)で話題を呼んだ鬼才監督ジュリアン・シュナーベルが渾身の力で描いた圧倒的映像美で贈る珠玉の感動作。ウィレム・デフォー初のゴールデングローブ賞主演男優賞となるか。

日本では2019年の公開が決定している。

Beautiful Boy

Beautiful Boy
© 2018 AMAZON CONTENT SERVICES LLC.

アカデミー賞脚色賞受賞、主要4部門にノミネートされた『君の名前で僕を呼んで』で世界中の映画ファンを魅了したティモシー・シャラメは、最新作『Beautiful Boy(原題)で助演男優賞にノミネート。“今、地球上で最も美しい” と呼ばれるティモシー出演の本作は、父デヴィッドとドラッグ依存症だった息子ニックがそれぞれの視点で書いた2冊のノンフィクションを原作に、ニックが更生にいたるまでを描く、実話に基づく愛と再生の物語。

日本では2019年4月よりTOHOシネマズ シャンテ他にて全国公開となる。

スパイダーマン:スパイダーバース

スパイダーマン:スパイダーバース
SPIDER-MAN: INTO THE SPIDER-VERSE

既に本国メディアからは「史上最高のスパイダーマン映画!」と空前の大絶賛を浴びる『スパイダーマン:スパイダーバース』は、スパイダーマン映画シリーズとしては初のゴールデングローブ賞ノミネート。アニメ映画賞の候補となった。

先駆けてニューヨーク映画批評家賞やデトロイト映画批評家協会賞に輝き、アニー賞、ロサンゼルス・オンライン映画批評家賞など名だたる賞レースのノミネートも果たしている。

日本では2019年3月8日(金)全国ロードショーだ。

犬ヶ島

犬ヶ島
©2018 Twentieth Century Fox Film Corporation

全編にわたり日本が舞台となった、ウェス・アンダーソン監督のストップモーション・アニメ『犬ヶ島』は、アニメ映画賞、作曲賞の2部門にノミネートされた。作曲賞にノミネートされたアレクサンドル・デスプラは、昨年第75回で最優秀作曲賞受賞となった『シェイプ・オブ・ウォーター』に続き、2年連続10回目のノミネート。

ウェス・アンダーソン監督作品はこれで、『ファンタスティック Mr.FOX』(第67回、アニメ映画賞ノミネート)、『ムーンライズ・キングダム』(第70回、作品賞ミュージカル・コメディ部門ノミネート)、『グランド・ブダペスト・ホテル』(第72回、作品賞ミュージカル・コメディ部門受賞)に続き4作品連続ノミネート。もし今回受賞となれば、前作に続く連続受賞であり、アニメ映画賞は初の戴冠。実写の作品賞&アニメ映画賞のダブル制覇という快挙をウェス・アンダーソンが達成なるかが注目点となる。日本では2018年5月に劇場公開済みで、既にデジタル配信、Blu-rayとDVDが発売開始となっている。

ほか、各部門ノミネート一覧は以下の通り。

第76回ゴールデングローブ賞 ノミネート一覧

作品賞(ドラマ部門)

  • ブラックパンサー
  • ブラック・クランズマン
  • ボヘミアン・ラプソディ
  • ビール・ストリートの恋人たち
  • アリー/スター誕生

主演女優賞(ドラマ部門)

  • グレン・クローズ(天才作家の妻 40年目の真実)
  • レディー・ガガ(アリー/スター誕生)
  • ニコール・キッドマン(DESTROYER)
  • メリッサ・マッカーシー(CAN YOU EVER FORGIVE ME?)
  • ロザムンド・パイク(A PRIVATE WAR)

主演男優賞(ドラマ部門)

  • ブラッドリー・クーパー(アリー/スター誕生)
  • ウィレム・デフォー(永遠の門 ゴッホの見た未来)
  • ルーカス・ヘッジズ(BOY ERASED)
  • ラミ・マレック(ボヘミアン・ラプソディ)
  • ジョン・デヴィッド・ワシントン(ブラック・クランズマン)

作品賞(ミュージカル/コメディ部門)

  • クレイジー・リッチ!
  • 女王陛下のお気に入り
  • グリーンブック
  • メリー・ポピンズ・リターンズ
  • バイス

主演女優賞(ミュージカル/コメディ部門)

  • エミリー・ブラント(メリー・ポピンズ・リターンズ)
  • オリヴィア・コールマン(女王陛下のお気に入り)
  • エルシー・フィッシャー(EIGHTH GRADE)
  • シャーリーズ・セロン(タリーと私の秘密の時間)
  • コンスタンス・ウー(クレイジー・リッチ!)

主演男優賞(ミュージカル/コメディ部門)

  • クリスチャン・ベイル(バイス)
  • リン=マニュエル・ミランダ(メリー・ポピンズ・リターンズ)
  • ヴィゴ・モーテンセン(グリーンブック)
  • ロバート・レッドフォード(THE OLD MAN & THE GUN)
  • ジョン・C・ライリー(STAN & OLLIE)

アニメ映画賞

  • インクレディブル・ファミリー
  • 犬ヶ島
  • 未来のミライ
  • シュガー・ラッシュ:オンライン
  • スパイダーマン:スパイダーバース

外国語映画賞

  • CAPERNAUM(レバノン)
  • GIRL(ベルギー)
  • NEVER LOOK AWAY(ドイツ)
  • ROMA/ローマ(メキシコ)
  • 万引き家族(日本)

助演女優賞

  • エイミー・アダムス(バイス)
  • クレア・フォイ(ファースト・マン)
  • レジーナ・キング(ビール・ストリートの恋人たち)
  • エマ・ストーン(女王陛下のお気に入り)
  • レイチェル・ワイズ(女王陛下のお気に入り)

助演男優賞

  • マハーラシャ・アリ(グリーンブック)
  • ティモシー・シャラメ(BEAUTIFUL BOY)
  • アダム・ドライバー(ブラック・クランズマン)
  • リチャード・E・グラント(CAN YOU EVER FORGIVE ME?)
  • サム・ロックウェル

監督賞

  • ブラッドリー・クーパー(アリー/スター誕生)
  • アルフォンソ・キュアロン(ROMA/ローマ)
  • ピーター・ファレリー(グリーンブック)
  • スパイク・リー(ブラック・クランズマン)
  • アダム・マッケイ(バイス)

脚本賞

  • アルフォンソ・キュアロン(ROMA/ローマ)
  • デボラ・デイビス、トニー・マクナマラ(女王陛下のお気に入り)
  • バリー・ジェンキンス(ビール・ストリートの恋人たち)
  • アダム・マッケイ(バイス)
  • ニック・バレロンガ、ブライアン・クリー、ピーター・ファレリー(グリーンブック)

作曲賞

  • マルコ・ベルトラミ(クワイエット・プレイス)
  • アレクサンドル・デスプラ(犬ヶ島)
  • ルドウィグ・ゴランソン(ブラックパンサー)
  • ジャスティン・ハーウィッツ(ファースト・マン)
  • マーク・シャイマン(メリー・ポピンズ・リターンズ)

主題歌賞

  • “ALL THE STARS”(ブラックパンサー)
  • “GIRL IN THE MOVIES”(DUMPLIN’)
  • “REQUIEM FOR A PRIVATE WAR” (A PRIVATE WAR)
  • “REVELATION” (BOY ERASED)
  • “SHALLOW”(アリー/スター誕生)

第76回ゴールデングローブ賞授賞式は、2019年1月6日(現地時間)開催。

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

THE RIVER編集長。ライター、メディアの運営や映画などのプロモーション企画を行っています。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly