Menu
(0)

Search

『アベンジャーズ4』は「僕たちのベスト・ワークになる」 ― ジョー・ルッソ監督、追加撮影を前に自信を語る

アベンジャーズ
© Walt Disney Studios Motion Pictures 写真:ゼータ イメージ

映画アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー(2018)を経て、マーベル・シネマティック・ユニバースはいよいよひとつの終着点へと到達しつつある。マーベル・スタジオのケヴィン・ファイギ社長が「決定的な結末」だと形容する、映画アベンジャーズ/エンドゲーム(邦題未定、原題:Avengers: Endgame)』の制作は着々と進行しているのだ。

2018年夏、マーベル・スタジオはポップカルチャーの祭典「San Diego Comic Con 2018」にて大々的なイベントの実施を見送った。来たる『アベンジャーズ』第4作を終えるまで、スタジオは今後の計画を発表しない見通しなのだ。アンソニー&ジョー・ルッソ監督も同作のポスト・プロダクション(仕上げ作業)のため、自身のプロデュースするドラマ「デッドリー・クラス(邦題未定、原題:Deadly Class)」のイベントにすら最小限しか登場していない。

しかし米Deadline誌は、そんな隙間を縫ってジョー・ルッソ監督へのインタビューを敢行。そこで『アベンジャーズ』第4作への意気込みや、二人の監督の心境を尋ねている。

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー
『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』(2018)より © Marvel Studios 2018

『アベンジャーズ4』は「僕たちのベスト・ワークになる」

キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』(2014)でマーベル・シネマティック・ユニバースに参加した当時、アンソニー&ジョー・ルッソ監督はテレビドラマを中心に活躍する、映画監督としてはまだまだ無名の存在だった。しかしその4年後、二人は映画史に残るほどのオールスター映画を手がけ、さらに次のステップへと進もうとしている。

(『アベンジャーズ4』を)すごく誇りに思っています。マーベルでの仕事としては、僕たちのベスト・ワークになるんじゃないかと思うんですよ。僕たちは映画を作るたびに成長してきました。登場人物と一緒に、出演者と一緒に成長してきたんです。これはフィルムメーカーとしてすごく幸せなことですし、この映画にはすごく気合いが入っていますよ。」

すでに『アベンジャーズ』第4作の本撮影は終了しており、ルッソ監督ほかチームの首脳陣は、ただいま編集をはじめとした仕上げ作業の真っただ中。2018年夏~秋には、およそ1ヶ月の追加撮影が実施される予定だ。
しかしこれほど巨大なプロジェクトで、しかも次回作は『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』からストーリーが繋がっているとあっては、やはりいろんなプレッシャーがのしかかっているのでは……?

「(映画の制作中)いつも僕たちは外部の声を聞かないようにしています。(惑わされて)間違った選択をしてしまうことにつながりかねないので。自分たち自身の声だけを聞く、ということを長年学んでいるんですよ。それから二人いるので、お互いに話し合えるのがすごく良いんです。ストーリーや信念についてお互いに対立することもあれば、補強し合うこともある。
『アベンジャーズ4』は『インフィニティ・ウォー』への反応が出てくる前に撮り終えた作品なので、そういう意味ではすごく純粋な映画ですよ。すごく純粋なストーリーテリングになっています。外側の声が一切入っていませんしね。」

今後、マーベル・シネマティック・ユニバースは『アントマン&ワスプ』(2018)や『キャプテン・マーベル』(2019)を経て、ついに『アベンジャーズ』第4作を迎える。同時に制作されている『キャプテン・マーベル』を踏まえての調整がどこまで行われるかは不明だが、ジョー監督が「すごく純粋なストーリーテリング」と言い切っているあたり、その独立性は非常に強いものになっているのではないだろうか。

映画『アベンジャーズ/エンドゲーム(邦題未定、原題:Avengers: Endgame)』は2019年4月26日(金)より米国公開予定。泣いても笑っても、期待しても失望しても、何があろうと10年間の物語はここで完結するのだ…!

Source: Deadline
© Walt Disney Studios Motion Pictures 写真:ゼータ イメージ

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

Ranking

Daily

Weekly

Monthly