Menu
(0)

Search

『アベンジャーズ4』、展開ヒントはドラマ「LOST」シーズン4?『アントマン』ワスプ役女優が明かす

アベンジャーズ
© Walt Disney Studios Motion Pictures 写真:ゼータ イメージ

『アントマン』シリーズでワスプ/ホープ・ヴァン・ダイン役を演じるエヴァンジェリン・リリーが、『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』(2018)『アベンジャーズ』第4作(正式タイトル不明、2019年5月米国公開予定)と、過去の出演作「LOST」(2004-2010)の意外な共通点を明かした。

注意

この記事には、映画『アベンジャーズ』第4作のネタバレと捉えうる内容が含まれています。

飛行機の墜落事故を生き延び、謎の島にたどり着いた乗客たちの姿を描く「LOST」は、エミー賞やゴールデングローブ賞をはじめとする様々な賞を受賞した大ヒットドラマ。登場人物が過去や未来、そして異なる時間軸を断片的な映像で垣間見るという演出が特徴で、その映像はそれぞれフラッシュ・バック、フラッシュ・フォワード、フラッシュ・サイドウェイズと呼ばれている。

同作でメインキャラクターのケイト・オースティンを演じたリリーによれば、この演出が『インフィニティ・ウォー』『アベンジャーズ4』に通じるものがあるのだという。Vanity Fairの最新インタビューに登場したリリーは、以下のように明かしている。

「(共通点は)フラッシュ・バックとフラッシュ・フォワード、そしてフラッシュ・サイドウェイズということかな。『インフィニティ・ウォー』と、それからの方向性を聞いたとき、ちょっと『LOST』シリーズのデジャヴだなって感じたんです。『LOST』のシーズン4みたいに、すべてがシフトしようとする。地盤が揺らぐんです。そしてもちろんアントマンとワスプも、そこに加わりますよ。」

「LOST」シーズン4はでは物理学者ダニエル・ファラデー(ジェレミー・デイビス)や霊媒師マイルズ・ストローメ(ケン・レオン)などの新キャラクター、そしてタイムトラベルといった要素が大きな反響を呼び、物語に新たな風を吹き込んだ。来る『アベンジャーズ4』では、ヒーローがタイムトラベルに臨むのではないかという説も流れている。この2つの作品には、もしかしたら我々の想像以上に似通う点が多くあるのかもしれない。

アベンジャーズ/エンドゲーム(邦題未定、原題:Avengers: Endgame)』は、2019年4月26日(金)より米国で公開予定。リリーの出演最新作『アントマン&ワスプ』は、2018年8月31日より日本公開される。

『アントマン&ワスプ』公式サイト:https://marvel.disney.co.jp/movie/antman-wasp.html

Source: Vanity Fair

Writer

まだい
まだいEriko

日々筋トレに励んでいます

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly