Menu
(0)

Search

『アベンジャーズ』続編、1998年のコミックに関係している説 ― 米コミック配信サイトで気になる動き、推測広がる

アベンジャーズ
© Walt Disney Studios Motion Pictures 写真:ゼータ イメージ

映画『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』が世界中で大ヒットを記録する中、次回作『アベンジャーズ/エンドゲーム(邦題未定、原題:Avengers: Endgame)』についての“気になる説”が飛び込んできた。米国のコミック情報サイトNewsaramaによるこの予想、果たして正解なのかどうか……。

注意

この記事には、映画『アベンジャーズ』第4作のネタバレと捉えうる内容が含まれています。

アベンジャーズ
(c)2012 Marvel

1998~1999年刊行『アベンジャーズ・フォーエバー』

Newsaramaが『アベンジャーズ』第4作のストーリーに関係しているのではないかと指摘するのは、1998~1999年に刊行されたコミック『アベンジャーズ・フォーエバー(Avengers Forever)』だ。
『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』が公開された直後にあたる2018年5月、米国のコミック電子書籍配信サイト「comiXology」の読み放題サービス「comiXology Unlimited」(日本未対応)にこの作品が追加されたことを受けて、同サイトのTwitterには「なぜ20年前のコミックを(このタイミングで)?」と記されている。

むろん、マーベルがcomiXologyに『アベンジャーズ・フォーエバー』を追加したのは、今まさに『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』が人気を得ているからだと推測することもできよう。しかしNewsaramaは、異なる切り口から予測を展開している。なにせコミック『アベンジャーズ・フォーエバー』は、脅威を防ぐため、過去・現在・未来からヒーローたちが時を超えてアッセンブルする物語なのだ。傑作コミック『マーベルズ』(小学館集英社プロダクション刊)を手がけたカート・ビュシークらが原作を担当した。

これまで『アベンジャーズ』第4作については、ヒーローたちがタイムトラベルに臨むという説がささやかれてきた。ロバート・ダウニー・Jr.がFacebookに投稿した撮影現場の写真には、『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』と同じ髪色のロバートと、『アベンジャーズ』(2012)当時のスーツを着用したキャプテン・アメリカ役のクリス・エヴァンスが並んでいたのである。しかも、そこにはスコット・ラング/アントマン(ポール・ラッド)の姿も……。
また米That Hashtag Showは、『アントマン』(2015)に登場したスコット・ラングの娘キャシーが『アベンジャーズ』第4作にティーンエイジャーの姿で登場すると伝えた。こちらは真相が定かではない噂レベルの情報だが、2018年2月、ティーンのキャシーを演じるとされたエマ・ファーマンのTwitterにはアベンジャーズのロゴが描かれたタンブラーを手にしている彼女の写真が掲載されていたのである。もしこの情報が真実なら、過去・現在・未来の世界が次回作には登場することになるが……?

こうした要素を踏まえて、Newsaramaは『アベンジャーズ』第4作のタイトルが「アベンジャーズ・フォーエバー(Avengers “4”ever)」なのではないか…とも予想している。しかしあくまで予想は予想、正解は情報の公式発表を待つしかない状況だ。

なおアンソニー&ジョー・ルッソ監督は、以前この「タイムトラベル説」に気になる回答をよこしてもいる。タイムトラベルが起こるかどうかは明言していないものの、『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』(2016)冒頭でトニー・スタークが示した“過去を映し出す技術”B.A.R.F.システムが何らかのカギを握っている可能性示唆したのだ。ただし、このシステムは実際にタイムトラベルを可能にするものではない。

かたや『アントマン&ワスプ』でヒーローデビューとなる、ホープ・ヴァン・ダイン/ワスプ役のエヴァンジェリン・リリーは、同作について「『アントマン&ワスプ』が成功すれば、まったく新しいマルチバース(多元宇宙)が開かれることになります」とも述べている。『アベンジャーズ』第4作の脚本家チームは『アントマン&ワスプ』や『キャプテン・マーベル(原題:Captain Marvel)』が一連の物語に繋がっていることを明かしているだけに、この発言も気になるところだ。

タイムトラベルか、マルチバースか、それともまったく別の何かなのか……。真実はまったく掴みようがないものの、そのヒントを探るために『アベンジャーズ・フォーエバー』を原書で読んでみるのも楽しいはずだ。『アベンジャーズ』第4作の公開まで、私たちにはまだ約1年という時間が残されているのである。

映画『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』は2018年4月27日より全国の映画館にて公開中。『アベンジャーズ』第4作は2019年4月26日(金)に米国公開予定だ

『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』公式サイト:http://cpn.disney.co.jp/avengers-iw/

Sources: Newsarama(1, 2, 3), THS, SR

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly