Menu
(0)

Search

スタイリッシュ・スパイアクション『アトミック・ブロンド』続編企画が進行中か ─ 主演シャーリーズ・セロンが明かす

アトミック・ブロンド
© 2017 COLDEST CITY, LLC.ALL RIGHTS RESERVED.

『マッドマックス 怒りのデス・ロード』(2015)のシャーリーズ・セロンが、最高にクールで強い女スパイのロレーン・ブロートンを演じたアクション・スリラー映画アトミック・ブロンド(2017)。1980年代のヒット曲を多く用いたスタイリッシュな音楽や独特の世界観で話題となった同作の続編企画が進行中のようだ。

アトミック・ブロンド
© 2017 COLDEST CITY, LLC.ALL RIGHTS RESERVED.

2018年4月8日、サンフランシスコ国際映画祭の観客を交えてのセッションにシャーリーズ・セロンが登場。一人の観客から『アトミック・ブロンド』の続編について尋ねられると、「今、続編に取り組んでいます」と回答しているのである。なお続編に関する発言はこの一言のみで、製作の状況やキャストなどの具体的な情報は明らかになっていない。

2017年公開の『アトミック・ブロンド』は、『デッドプール2』(6月1日公開)のデヴィット・リーチ監督が、グラフィックノベル「ザ・コールデスト・シティ(原題:The Coldest City)」をシャーリーズ・セロン主演で映画化した作品だ。

同作の舞台は1989年の冷戦末期。イギリス秘密情報部MI6の凄腕エージェントであるロレーン・ブロートンが、何者かに奪われた極秘リストを奪還すべくベルリンに送り込まれる。MI6のベルリン支部に属するデヴィッド・パーシヴァル(ジェームズ・マカヴォイ)とタッグを組み、リストの奪取、そしてリスト紛失に関与した二重スパイ”サッチェル”の発見という2つのミッションに挑む…というストーリーだ。シャーリーズ・セロンとジェームズ・マカヴォイの他、『キングスマン』(2015)のソフィア・ブテラ、『キングコング: 髑髏島の巨神』(2017)のジョン・グッドマンが出演している。

続編が製作されるとしたら、舞台はどこになるのだろうか。また1作目でセロンが魅せたおよそ7分半にわたるワンカット風アクションは”映画史に残る”と評されるほどに凄まじい場面だったが、次作でも観客の度肝を抜くようなアクション・シーンに期待したい。続報が待たれるばかりだ。

(文:まだい)

Source: IndieWire

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

Ranking

Daily

Weekly

Monthly