Menu
(0)

Search

ルーク役マーク・ハミル、『スター・ウォーズ』再登板にさほど関心なし ― 理由はキャリー・フィッシャーの死去

スター・ウォーズ/フォースの覚醒
写真:ゼータ イメージ

映画『スター・ウォーズ』シリーズでルーク・スカイウォーカー役を演じてきたマーク・ハミルが、今後シリーズ作品への再登板にさほど関心がないことを語った

ABC Newsの取材に家族で応じたマークは、レイア・オーガナ役のキャリー・フィッシャーとハミル一家がどんな関係にあったのか、2016年12月にキャリーが急逝したことがどんな影響を与えたのかを述べている。そこでマークは、キャリーの死によって『スター・ウォーズ』再登板への関心が失われてしまったことを明らかにしたのだ。

注意

この記事には、映画『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』、『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』のネタバレが含まれています。

『スター・ウォーズ』再登板、マーク・ハミルはさほど関心なし

インタビューの中で、マークはキャリーの死とともに、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』(2015)や『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』(2017)の内容にも触れている。

「(キャリーの死によって)『スター・ウォーズ』を最大限に楽しむことができなくなってしまいました。以前は“(シリーズに)復帰するつもりはありますか?”と聞かれましたが、もうそれほど関心がないんです。ハン・ソロが逝って、ルークも逝ってしまった。キャリーもいなくなって、みなさんの求める再集合はできませんからね。」

またマークは、「もうキャリーがいないことをつらいと思うよりも、むしろ彼女と一緒に過ごせたことを感謝しています」と語っている。マークにとって『スター・ウォーズ』とは、キャリー・フィッシャーやハリソン・フォード、あるいはジョージ・ルーカスがいてこそのものだったのかもしれない。

『エピソード9(仮題)』での新3部作完結を前にして、オリジナル3部作の主要メンバーは、今や(複数の意味で)誰もいなくなってしまった状況だ。『エピソード9』にルークがフォース・ゴーストとして登場する可能性はゼロではないが、以前のインタビューで、マークはこのようにも語っている

「エピソード7で、僕は自分のキャリアで史上最高の登場をやらせてもらいました。そしてエピソード8は素晴らしい退場になった。[中略]ある意味やりきったと思っています。だから、エピソード9で出番がすごく少なかったり、もしくは出てこなかったとしても良いんですよ。」

映画『スター・ウォーズ エピソード9(仮題)』は2019年12月20日に米国公開予定。
なお、『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』MovieNEXは2018年4月25日発売だ。

Source: ABC
写真:ゼータ イメージ

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly