Menu
(0)

Search

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』カレン・ギラン、『アントマン』友人カート役俳優とW主演 ― 異色映画の米予告編が公開される

https://www.youtube.com/watch?v=fjWcwW9u4f8 スクリーンショット

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』シリーズのネビュラ役で知られるカレン・ギラン、『アントマン』シリーズで主人公スコット・ラングの友人カート役を演じているデヴィッド・ダストマルチャンが主演を務める映画『All Creatures Here Below(原題)』の米国版予告編が公開された。米Deadlineが報じている。

ダストマルチャン演じるジェンサンとギラン演じるルビーは、貧困に苦しむ若いカップル。ある時ジェンサンは仕事を失い、法を破ってしまう。二人はカンザスシティに逃げることにするが、その場所はルビーが最も恐れる場所だった。さらに、ルビーの家族を持ちたいという願いや決断が、二人の逃亡劇を複雑にしていく……。

このたび公開された予告編では、ルビーが赤ん坊を誘拐してしまうこと、二人が葛藤を抱えながら逃亡を続ける様子を確かめることができる。マーベル・シネマティック・ユニバースでギランとダストマルチャンが見せる雰囲気とは一味もふた味も違った、ダークでシリアスな演技が楽しめることだろう。

本作にはギランとダストマルチャンのほか、ドラマ「Dr.HOUSE」(2004-2012)のジェニファー・モリソン、『You’re Gonna Miss Me』(2017)のジョン・ドウ、「American Crime」(2015-2017)のリチャード・カブラル、そして『俺たちニュースキャスター』(2004)のデヴィッド・ケックナーが出演。
監督を務めるのは『Animals(原題)』(2014)のコリン・スキッフリで、ダストマルチャンは『Animals』に出演したほか脚本を執筆した経験の持ち主。本作の脚本もダストマルチャンによって執筆されている。

映画『All Creatures Here Below(原題)』は2018年10月18日、DTLA Filmにてワールド・プレミアが開催される。米国公開日は2018年10月11日時点で未定

Source: Deadline
Eyecatch Image: YouTube スクリーンショット

Writer

Marika Hiraoka
Marika Hiraoka

THE RIVER編集部。アメリカのあちこちに住んでいました。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly