『アベンジャーズ』ホークアイ役ジェレミー・レナー、衝撃の本格歌手デビュー ― EDM界の気鋭サム・フェルトの新曲で

映画『アベンジャーズ』シリーズなどのホークアイ役をはじめ、『ミッション:インポッシブル』シリーズや『ウインド・リバー』(2017)、『メッセージ』(2016)など、出演するすべての作品で高い注目を集める俳優ジェレミー・レナーが、突然の本格歌手デビューを果たした。

このたび、EDM(エレクトロニック・ダンス・ミュージック)界の新鋭として大きな注目を集めるDJ/プロデューサーのサム・フェルトが、ジェレミーをフィーチャリングした新曲「Heaven (Don’t Have A Name)」を発表。ジェレミーはこちらの想像を軽く超える美声を聴かせてくれている…!

突然の歌手活動開始に、米ComicBook.com『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』(2008)の間、ホークアイは何をしていたのか? 音楽の世界に足を踏み入れていたのだ」と記し、さらにファンたちも『インフィニティ・ウォー』にいなかったのも納得」「『アベンジャーズ4』の主題歌に決定」などといった反応を示している。さすがはホークアイ、いやジェレミー・レナー、愛されすぎている…!

とはいえジェレミーを良く知るファンであれば、突然の本格歌手デビューに驚かない方も多いだろう。キャリアの初期においてジェレミーはバンド活動を行っており、ギターやキーボード、ドラムを操るミュージシャンとしての顔も持っているのだ。出演作『スタンドアップ』(2005)、『Love Comes to the Executioner(原題)』(2006)、『ジェシー・ジェームズの暗殺』(2007)では劇中で歌唱を披露している。

Billboardの取材にて、サム・フェルトはジェレミーを起用した経緯について「ジェレミー・レナーの映画や演技の大ファンだったんです。歌も歌えると聞いてオファーしました」と語っている。“ファンだったから”、理由はそれで十分なのだ。「レナーの映画的なボーカルと、サム・フェルトらしいサマー・サウンドが両方にじみ出るよう、数日かけてトラックを完成させました。ロマンティック、かつドラマティックなボーカルは最高ですね」。なおジェレミーは「新しい経験でした。好きになってもらえるといいな」Twitterにてコメントしている。

 

ちなみに2015年、ジェレミーは米国のテレビ番組「The Tonight Show Starring Jimmy Fallon」で、エド・シーランの楽曲「Thinking Out Loud」にのせてホークアイのスーパーパワーを歌い上げたことがある。こちらでは「みんな、僕のことをそんなに強くないと思ってる」「でも僕にもパワーがある、アーチェリー以外のこともできる」と歌い、完全に美声のムダ使いを聴かせてくれている。サム・フェルトによる「Heaven (Don’t Have A Name)」とあわせて、ぜひこちらもお聴きいただきたい。

Sources: Billboard, ComicBook.com, Jeremy Renner
Eyecatch Image: Photo by Gage Skidmore

About the author

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。