Menu
(0)

Search

ブラッド・ピット主演SF超大作『アド・アストラ』9月20日、日米同日公開決定 ─ トミー・リー・ジョーンズ共演、消えた父を追って宇宙へ

アド・アストラ
(C)2019 Twentieth Century Fox Film Corporation

ブラッド・ピット、消えた父を追って宇宙へ

本格スペース・アドベンチャー映画『アド・アストラ』(原題:AD ASTRA)が、2019年9月20日(金)に日米同日公開される。このたび、第1弾予告映像とポスタービジュアルが到着した。


地球から32億キロの彼方へ、英雄だった父の謎を追う

<TO THE STARS=星の彼方へ>という意味のラテン語をタイトルとする『アド・アストラ』は、世界的トップスターであるブラッド・ピットがエリート宇宙飛行士ロイ・マグブライドを、オスカー俳優のトミー・リー・ジョーンズがその父親を演じて初共演を果たすことも話題のSF超大作だ。

ブラッド演じる主人公ロイは、地球外知的生命体の探求に人生を捧げた父親を「英雄」と見て育ち、自らも宇宙士の仕事を選んだ。しかし父は、地球外生命体を探索する任務に出発してから16年後、32億キロ離れた太陽系の彼方で行方不明となった。しかし、父は生きていた…。

予告編では、人々に尊敬されていた父の影響もあり、地球外での危険な仕事にも懸命に挑む、エリート宇宙士としてのロイが映し出される。しかしロイは、陸軍幹部から「君の父親は生きている」との事実を告げられた。尊敬する父親は、太陽系すべてを滅ぼす力を持つ実験「リマ計画」に関わっていたのだ。

地球から32億キロ離れた地点で消息を絶った父は、どのようにして生きていたのか。なぜ、危険な実験を抱えたまま姿を消したのか。父の謎を追い、宇宙の彼方でロイ・マグブライドが見たものとは? 隠されていた秘密が、いま明らかになる。

ブラッド・ピット&トミー・リー・ジョーンズのほか、『アルマゲドン』(1998)で主人公の娘役を演じたリヴ・タイラーがロイの妻を演じ、『ハンガー・ゲーム』シリーズの名優ドナルド・サザーランド、『ラビング 愛という名前のふたり』(2016)でアカデミー賞主演女優賞にノミネートされたルース・ネッガといった顔ぶれが脇を固める。

脚本・監督は『エヴァの告白』(2013)『ロスト・シティZ 失われた黄金都市』(2016)のジェームズ・グレイ。共同脚本として、ドラマ「FRINGE/フリンジ」(2008-2013)のイーサン・グロス、撮影監督は『インターステラー』(2014)『ダンケルク』(2017)のホイテ・ヴァン・ホイテマが務めた。製作にはブラッド・ピット、デデ・ガードナー、ジェレミー・クライナー、ジェームズ・グレイ。ブラッド・ピットの製作会社プランBがプロデュースを担っている。

アド・アストラ
(C)2019 Twentieth Century Fox Film Corporation

映画『アド・アストラ』は2019年9月20日(金)全国ロードショー

あわせて読みたい

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly