Menu
(0)

Search

「ワンダヴィジョン」スピンオフドラマ「アガサ:カヴン・オブ・カオス」2023年冬に配信決定

https://twitter.com/MarvelStudios/status/1550999312460500993

マーベル・シネマティック・ユニバースのドラマシリーズ「ワンダヴィジョン」(2021)から派生した新作ドラマ「アガサ:カヴン・オブ・カオス(原題)」が、2023年冬にディズニープラスで配信されることがわかった。2022年7月23日(米国時間)、マーベル・スタジオがサンディエゴ・コミコンにて発表した。

本作は「ワンダヴィジョン」に登場した魔女アガサ・ハークネスを主人公とするスピンオフドラマで、2021年11月に「アガサ:ハウス・オブ・ハークネス(原題)」として発表されていたもの。このたびタイトルが「カヴン・オブ・カオス(Coven of Chaos)」、すなわち“カオスの魔女団”に改められ、あわせて配信時期が告知された。

既報によると、ジャンルは「ダークコメディ」になるというが、ストーリーやキャストなどの詳細は不明。「ワンダヴィジョン」からアガサ役のキャスリン・ハーン、脚本・製作総指揮のジャック・シェイファーが続投することだけが明らかになっている。ファンの間では『ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス』(2022)に続き、スカーレット・ウィッチ/ワンダ・マキシモフ(エリザベス・オルセン)の登場も期待されている一作だ。

「ワンダヴィジョン」にて、アガサ・ハークネスはワンダ・マキシモフ&ヴィジョンが引っ越したウエストビューの住人・アグネスとして登場。おせっかいな隣人として夫婦に関わるアガサ/アグネスには秘めたる目的があって……。アガサ役のキャスリンは、同作で第73回エミー賞のリミテッドシリーズ部門にて助演女優賞候補となったほか、MTV Movie & TV Awardでベスト・ヴィラン賞に輝いた。また、アガサの歌う「すべてアガサの仕業」は第73回プライムタイム・クリエイティブ・アート・エミー賞で音楽賞・歌曲部門を受賞している。

ドラマシリーズ「アガサ:カヴン・オブ・カオス(原題)」は2023年冬にディズニープラスで独占配信予定

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

プレデター:ザ・プレイ

『プレデター:ザ・プレイ』狩るか狩られるか?観たかった「プレデター」が詰まった戦慄サバイバル ─ シリーズ復習で備えよう

アンビュランス

『アンビュランス』は何位?マイケル・ベイ人気投票「BAY-1(ベイワン)グランプリ 」結果発表【プレゼント】

L.A.コールドケース

【解説】ジョニー・デップ『L.A.コールドケース』ラッパー暗殺事件って? ─ 90年代ヒップホップ界で起きた最悪の未解決事件とは

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

Ranking

Daily

Weekly

Monthly