Menu
(0)

Search

マーベル・スタジオ、「マスター・オブ・ゼロ」気鋭の脚本家と面会「いずれ撮るかも」

Netflixオリジナルシリーズ「マスター・オブ・ゼロ」(2015-)などで知られる新進気鋭の脚本家・監督、アラン・ヤンが『アベンジャーズ』シリーズなどを手がけるマーベル・スタジオと面会したという。米CineXpressのインタビューにて本人が明かしている。

ドラマ「Parks and Recreation(原題)」(2009-2015)で脚本家として一躍有名になったアラン。「マスター・オブ・ゼロ」をアジズ・アンサリと共同で手掛け、エミー賞にまで輝いた。いまや世界から一目置かれているアランは、「今後手掛けてみたいジャンルの作品は?」と問われたところ、以下のように応じている。

「私は本当に雑食なんですよ。ご存知だと思いますが、今までにコメディもやりましたし、ドラマもやりましたからね。それから冗談だと思われるかもしれませんが、実はマーベル・スタジオと面会したんですよ。スタジオのために映画を撮らないかって。なので、いずれやることになるかもしれませんね(笑)。」

今回、具体的な作品のタイトルは挙げられていないが、『ブラック・ウィドウ』や『エターナルズ(原題)』『シャン・チー&ザ・レジェンド・オブ・ザ・テン・リングス(原題)』など、今後発表されているマーベル・シネマティック・ユニバースの映画作品の多くは、すでに監督が決定済み。現時点で監督未定のリブート版『ブレイド(原題:Blade)』を手がける可能性も残されてはいるが、コメディ作品を得意とするアランにとって同作が相応しいかはわからない。いずれにせよ、実現にはもう少し時間が掛かりそうだ。

アラン・ヤンが脚本・監督を務めるNetflix映画『タイガーテール -ある家族の記憶-』は、2020年4月10日より独占配信予定。映画監督としての実力をいち早く見極める絶好の機会、ぜひお見逃しなく。

Source: CineXpress

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly