Menu
(0)

Search

『ハン・ソロ』オールデン・エアエンライク、『X-MEN』ガンビット役のオーディション受けていた

Alden Ehrenreich オールデン・エアエンライク
A Photo by Ehrnrch https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Alden_Ehrenreich_1.jpg |Remixed by THE RIVER

『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』(2018)で若きハン・ソロを好演し、“ヒーロー俳優”としての地位を確立したオールデン・エアエンライクは、駆け出し時代に『X-MEN』の人気キャラクターであるガンビット役のオーディションを受けていたという。

2009年にフランシス・フォード・コッポラ監督作『テトロ 過去を殺した男』にて華々しい映画デビューを飾ったオールデン。『ブルージャスミン』(2013)『ヘイル・シーザー!』(2016)などの話題作を経て、『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』主演の座を3,000人が参加したオーディションにて掴み取った。そんなオールデンは、米Comicbookにて「スーパーヒーローの中で憧れのキャラクター」を訊かれると、「子どもの頃のお気に入りのスーパーヒーローは、X-MENのガンビットでした」と答えた。

「スティーブ・マックイーンとか『明日に向って撃て!』(1969)、『スティング』(1973)など、僕が大好きだったものに似た雰囲気を(ガンビットに)感じたんです。けど、ガンビット役が僕にぴったりかは分かりません。若い頃にオーディションを受けたと思います。

現在30歳のオールデンが「若い頃(When I was a kid)」と言っていることから、オーディションを受けた作品は『ウルヴァリン: X-MEN ZERO』(2009)の可能性もあるだろう。オーディションでの出来や運びこそは明かされなかったが、いまや若きハン・ソロ役でお馴染みのオールデンがガンビット役に抜擢されていたら、その後のキャリアは違った道を辿っていたかもしれない。

ガンビットは『ウルヴァリン: X-MEN ZERO』を最後に実写映画に登場していない。2015年には『マジック・マイク』(2012)のチャニング・テイタムを主演に、ガンビットの単独映画が企画されていたが、残念ながらその後頓挫している。今は無きこの企画についてオールデンは「楽しそうですね」と少なからず興味を示しているようだが…。

Source: Comicbook

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。

THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~

極上サスペンス「THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~」疑い、裏切り、衝撃の連続にのめり込む ─ ニコール・キッドマン×ヒュー・グラント豪華共演

キャッシュトラック

ジェイソン・ステイサムが最強の新人『キャッシュトラック』ガイ・リッチーとの黄金タッグ復活、クライム・アクションの新たな傑作

クライム・ゲーム

【プレゼント】ソダーバーグ新作犯罪映画『クライム・ゲーム』THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ ベニチオ・デル・トロ、ドン・チードル、マット・デイモンら超豪華共演

クーリエ:最高機密の運び屋

【レビュー】『クーリエ:最高機密の運び屋』カンバーバッチの共依存がつくる緊迫のサスペンスに海外メディア絶賛

新スタートレック エンタープライズD

「新スタートレック」エンタープライズDを組み立てよ ─ スタジオモデルを精緻に再現したレプリカキットが限定発売

オールド

【予告編考察】シャマラン『オールド』時間が異常加速するビーチの謎 ─ 一日で一生が終わる極限タイムスリラー

ザ・スーサイド・スクワッド "極"悪党、集結

『ザ・スーサイド・スクワッド』は「観るエナジードリンク」、ヤバすぎ展開が「最初から最後まで1秒も止まらない」 ─ 推しキャラ、キング・シャークに人気集まる

フリー・ガイ

『フリー・ガイ』を観て「初めて映画で笑い泣き」 ─ 「観終わってもずっとドキドキ」「想像の7000倍」絶賛の声続々

Ranking

Daily

Weekly

Monthly