Menu
(0)

Search

トム・クルーズ新路線!痛快実話犯罪スリラー『アメリカン・メイド』予告編公開!

アメリカンメイド

『ザ・マミー / 呪われた砂漠の王女』の日本公開が2017年7月28日に控え、さらに1986年の名作『トップガン』続編の原題タイトルが『トップガン:マーヴェリック』となることも明かし、ここのところ話題に欠かないトム・クルーズ、自身の主演最新作となる映画『アメリカン・メイド(原題:America Made)』の予告編が本国で解禁された。

実在した麻薬密輸業者を描く『アメリカン・メイド』とは

『アメリカン・メイド』は、2014年の『オール・ユー・ニード・イズ・キル』ダグ・リーマン監督とトム・クルーズの再タッグによる、”信じられない”実話を基にしたクライム・スリラー。トム・クルーズが演じるのはコロンビアの麻薬密輸パイロット、バリー・シール(1939~1986)。何度か書籍化、映像化されているこの人物は、最近ではNetflixドラマ『ナルコス』シーズン1のエピソード4でもディラン・ブルーノによって演じられている。

最も、トム・クルーズによって演じられるバリー・シールは、ややコメディ的エッセンスも有した痛快クライム・スリラーの主人公として空を駆けるようだ。公開された映像は『ウルフ・オブ・ウォール・ストリート』(2013)を彷彿させる狂乱ぶり。映像冒頭では住宅街に小型飛行機を手荒に着陸させ、消火粉末で真っ白になったトム・クルーズ演じるバリー。偶然居合わせた少年少女に札束をゴッソリ渡し、「見なかったことにしてね」と子供用自転車を奪って走り去る様子が描かれており、『アメリカン・メイド』のタガが外れたような作風を象徴している。

また本国では、本予告編に併せてポスター・ビジュアルも解禁に。

『アメリカン・メイド』は全米で2017年9月29日公開。本作に関する詳細なあらすじは現時点(2017年6月6日)で公表されていない。
クールな眼差しで人々を危機から救う役柄が多い印象のトム・クルーズが、今作のようなコミカル要素の強い作品で主演を務める点も新鮮だ。もしも『ウルフ・オブ・ウォールストリート』や『キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン』といったブッ飛んだ実話クライム・スリラーがお好みなら、今のうちから気にかけておこう。日本公開についての情報が登場したら、改めてお伝えしたい。

[vc_row][vc_column][fav-module-8 tag_slug=”トム・クルーズ” sort=”latest_posts” hide_title=”show_title” hide_meta=”hide_meta” posts_limit=”20″ custom_title=”トム・クルーズ” custom_url=”https://theriver.jp/tag/トム・クルーズ/” slider_post_row=”4″ slider_auto=”true” stop_on_hover=”true” navigation=”true” touch_drag=”true” slide_loop=”true” rewind_nav=”true” lazy_load=”true” module_meta=”false” author_name=”1″ time_diff=”1″ post_date=”0″ post_time=”0″ post_view_count=”1″ post_comment_count=”1″ text_align=”” module_bg=”” module_padding=””][/vc_column][/vc_row]

EYECATCH IMAGE:https://www.youtube.com/watch?v=woE4GQdvu8E

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

THE RIVER編集長。ライター、メディアの運営や映画などのプロモーション企画を行っています。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly