Menu
(0)

Search

『メッセージ』エイミー・アダムス、「犬に変わると思い込む母親」を描く新作ダークコメディ映画に主演へ

エイミー・アダムス Amy Adams
Photo by Gage Skidmore https://www.flickr.com/people/22007612@N05

『メッセージ』(2016)『バイス』(2018)などで知られるエイミー・アダムスが、“犬に変わると思い込む母親”を描くダークコメディ映画(タイトル未定)にて主演・製作を務めることがわかった。米Deadlineが報じている。

本作は2021年夏に米国で刊行予定の、作家レイチェル・ヨーダーによる小説『Nightbitch(原題)』が原作。無名の元アーティストが息子を出産後、日々の家事に追われて不安が募り、次第に自分自身が犬に変わると思い込んでしまう。母親であることの野蛮で不条理な真実が浮き彫りになっていく。

脚本は原作者ヨーダー本人が執筆する。製作総指揮にはヨーダーの他、『フォックスキャッチャー』(2014)『デトロイト』(2017)のミーガン・エリソン、『バスターのバラード』(2018)のスー・ネーグル、『ゴールデン・リバー』(2018)のサミー・シェアが参加。その他、監督や製作時期などについては不明の為、続報に期待したいところだ。

ちなみに、エイミー・アダムスは次回作として、ジョー・ライト監督『ウーマン・イン・ザ・ウインドウ(原題:The Woman in the Window)』、ロン・ハワード監督のNetflix映画『Hillbilly Elegy(原題)』の米国公開・配信が控えている。

Source: Deadline

Writer

南 侑李
Minami南 侑李

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly