『スター・ウォーズ エピソードⅣ / 新たなる希望』初の4Kエディションで劇場上映か?

ローグ・ワン / スター・ウォーズ・ストーリー』を観て、改めて『エピソード4 新たなる希望』を見直して『希望』の意味の重みに咽び泣いたファン、それから『ローグ・ワン』からスター・ウォーズに興味を持った方たちに、(日本ではどうなるかわからないが)新たな『希望』となりそうなニュースだ。

INVERSEDEN OF GEEK!などといった海外のポップカルチャー系主要メディアが、『スター・ウォーズ エピソード4 / 新たなる希望』の高解像度版、4Kエディションが2017年にアメリカで劇場公開される可能性を一様に報じている。

順を追って説明しよう。この可能性の発端は、Littel White Liesというメディアサイトが『ローグ・ワン』のギャレス・エドワーズ監督に行ったインタビュー記事にある。同記事でギャレス・エドワーズは『ローグ・ワン』のプロジェクト1日目に、サンフランシスコのルーカスフィルムに訪れた際、『新たなる希望』の4Kエディションを鑑賞したと語っている。

「4K解像度の新しい『新たなる希望』がちょうど出来上がったばかりだったんです。鑑賞を勧められたので、観させてもらいました。もう、喜んで観させてもらいますって感じでしたよ。僕と、脚本家と、ストーリー制作関係者の皆で座ってね、観ながらノートも取りました。」

これまで『新たなる希望』を始めとするスター・ウォーズ映画作品は、Blu-rayエディションなどが流通していたが、4Kのものは存在しなかった。このギャレスの語ったエピソードにより、”『新たなる希望』に4Kエディションが制作されていた”という事実が明るみになったのだ。

劇場公開の可能性は

この新事実を受けて、海外メディアでは“2017年に、4Kエディションの『新たなる希望』が劇場公開、またはソフトリリースされるのではないか”と沸き立っている。ファンとしては非常に喜ばしい推測だが、ちょうど良い裏付け理由も2つあるのだ。

スター・ウォーズ生誕40周年

1977年に全米公開された『新たなる希望』は、2017年でちょうど40周年を迎える。ギャレス監督らが観た4Kエディションは、何らかの意図を持って制作されたはずだ。世に出すのであれば、記念すべきスター・ウォーズ生誕40周年となる2017年はこの上ない好タイミングになる。

『ローグ・ワン』のヒット

もう一つの理由は、2016年12月の『ローグ・ワン』の世界的ヒットである。Boxoffice Mojoの調べによれば、世界累計興行収入は340億円を突破する見込みの『ローグ・ワン』は、御存知の通り『新たなる希望』のオープニング直前までを描く内容となっている。フェリシティ・ジョーンズらフレッシュな顔ぶれで新規ファンも獲得したであろうスター・ウォーズ・サーガ、そのままスムーズにクラシック三部作をアピールするためには、4Kエディションの上映は強力な武器となるだろう。

4K版内容はオリジナル版か特別編か?

もし、『新たなる希望』が4Kエディションで再び蘇るのだとしたら、ファンとしては『特別編』問題が気になるのではないだろうか。

現在、市場に流通している『スター・ウォーズ』映像作品はすべて90年代後半にルーカスフィルムによって手を加えられた『特別編』仕様となっている。劣化してしまったフィルムを物理的に洗浄し、映像クオリティが改善されたのみならず、CGによって『後から付け加えられた描写』がいくつも見られる。
この『特別編』はファンの間では大いに意見が別れており、例えばハン・ソロが問答無用で敵対するエイリアンを射殺していた場面では、倫理問題を気にしたルーカスフィルムが『敵に撃たれた直後にハン・ソロが撃ち返した』ように改変している。オリジナルの持っていたハン・ソロのキャラクター性を著しく損なっている、と大きな批判を起こした。

かつて発売されていたオリジナル版には、コレクターの間でプレミア価格が付けられ、なかなか一般的に鑑賞できる状況ではなくなっている。ファンの間ではオリジナル版の再リリースを望む声が強いが、果たして4Kエディションではどうなるのだろうか。上述のギャレス・エドワーズ監督のインタビューでは、その内容まではわからない。

20世紀フォックスのファンファーレは健在

2015年時点でディズニーは全てのデジタル・ダウンロード版スター・ウォーズ作品で20世紀フォックスのファンファーレを取り除いているが、もし4Kエディションがリリースされることになれば、それはルーカスフィルムとディズニーだけの判断ではなさそうだ。

同インタビューでギャレスはルーカスフィルムで4Kエディションを鑑賞した記憶を「Foxのファンファーレが流れて、『遠い昔…』のテキストがあって、そしてあのメインテーマが流れたんです。」と語っていることから、4Kエディションには20世紀フォックスの権利もかかっていることがわかる。スター・ウォーズと共に育った大人たちの間では、「やっぱりあのファンファーレがなくっちゃ」と回顧する声も強い。

もしも、20世紀フォックスのファンファーレと共に、オリジナル版の『新たなる希望』が4Kエディションで劇場の大スクリーンで観ることができたら、往年のファンはまた劇場に通い詰めることになるだろう。最も、この情報はあくまでも推測や噂の域を出ないものであり、確定した公式情報ではない。しかし、実現した暁には『新たなる希望』と『エピソード8』を数ヶ月スパンで鑑賞し、さらに2018年春頃には『ハン・ソロ』スピンオフも公開されるという怒涛のスケジュールとなりそうだ。

4Kで先に撃つのは、グリードか、それともハン・ソロか?

スター・ウォーズ キャンペーン

Source:http://lwlies.com/interviews/gareth-edwards-rogue-one-a-star-wars-story/
http://www.denofgeek.com/uk/movies/star-wars/46074/star-wars-a-new-hope-4k-restoration-2017-re-release
https://www.inverse.com/article/25402-star-wars-a-new-hope-original-2017-4k
Eyecatch Image:http://imageevent.com/afap/wallpapers/movies/starwarsanewhopepostersetc?p=3&n=1&m=-1&c=4&l=0&w=2&s=0&z=3
© Disney
TM & © Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved

About the author

インド旅行中、たまたま現地新聞に写真を撮られて掲載されるというミラクルを起こしました。持ってる男。THE RIVER編集長。ライター、メディアの運営や映画などのプロモーション企画を行っています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ポップカルチャーは世界を変える

TwitterでTHE RIVERをフォローしよう!


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。