Menu
(0)

Search

『スター・ウォーズ エピソードⅣ / 新たなる希望』初の4Kエディションで劇場上映か?

『ローグ・ワン / スター・ウォーズ・ストーリー』を観て、改めて『エピソード4 新たなる希望』を見直して『希望』の意味の重みに咽び泣いたファン、それから『ローグ・ワン』からスター・ウォーズに興味を持った方たちに、(日本ではどうなるかわからないが)新たな『希望』となりそうなニュースだ。

INVERSEDEN OF GEEK!などといった海外のポップカルチャー系主要メディアが、『スター・ウォーズ エピソード4 / 新たなる希望』の高解像度版、4Kエディションが2017年にアメリカで劇場公開される可能性を一様に報じている。

順を追って説明しよう。この可能性の発端は、Littel White Liesというメディアサイトが『ローグ・ワン』のギャレス・エドワーズ監督に行ったインタビュー記事にある。同記事でギャレス・エドワーズは『ローグ・ワン』のプロジェクト1日目に、サンフランシスコのルーカスフィルムに訪れた際、『新たなる希望』の4Kエディションを鑑賞したと語っている。

「4K解像度の新しい『新たなる希望』がちょうど出来上がったばかりだったんです。鑑賞を勧められたので、観させてもらいました。もう、喜んで観させてもらいますって感じでしたよ。僕と、脚本家と、ストーリー制作関係者の皆で座ってね、観ながらノートも取りました。」

これまで『新たなる希望』を始めとするスター・ウォーズ映画作品は、Blu-rayエディションなどが流通していたが、4Kのものは存在しなかった。このギャレスの語ったエピソードにより、”『新たなる希望』に4Kエディションが制作されていた”という事実が明るみになったのだ。

劇場公開の可能性は

この新事実を受けて、海外メディアでは“2017年に、4Kエディションの『新たなる希望』が劇場公開、またはソフトリリースされるのではないか”と沸き立っている。ファンとしては非常に喜ばしい推測だが、ちょうど良い裏付け理由も2つあるのだ。

スター・ウォーズ生誕40周年

1977年に全米公開された『新たなる希望』は、2017年でちょうど40周年を迎える。ギャレス監督らが観た4Kエディションは、何らかの意図を持って制作されたはずだ。世に出すのであれば、記念すべきスター・ウォーズ生誕40周年となる2017年はこの上ない好タイミングになる。

『ローグ・ワン』のヒット

もう一つの理由は、2016年12月の『ローグ・ワン』の世界的ヒットである。Boxoffice Mojoの調べによれば、世界累計興行収入は340億円を突破する見込みの『ローグ・ワン』は、御存知の通り『新たなる希望』のオープニング直前までを描く内容となっている。フェリシティ・ジョーンズらフレッシュな顔ぶれで新規ファンも獲得したであろうスター・ウォーズ・サーガ、そのままスムーズにクラシック三部作をアピールするためには、4Kエディションの上映は強力な武器となるだろう。

4K版内容はオリジナル版か特別編か?

もし、『新たなる希望』が4Kエディションで再び蘇るのだとしたら、ファンとしては『特別編』問題が気になるのではないだろうか。

現在、市場に流通している『スター・ウォーズ』映像作品はすべて90年代後半にルーカスフィルムによって手を加えられた『特別編』仕様となっている。劣化してしまったフィルムを物理的に洗浄し、映像クオリティが改善されたのみならず、CGによって『後から付け加えられた描写』がいくつも見られる。
この『特別編』はファンの間では大いに意見が別れており、例えばハン・ソロが問答無用で敵対するエイリアンを射殺していた場面では、倫理問題を気にしたルーカスフィルムが『敵に撃たれた直後にハン・ソロが撃ち返した』ように改変している。オリジナルの持っていたハン・ソロのキャラクター性を著しく損なっている、と大きな批判を呼んだ。

かつて発売されていたオリジナル版には、コレクターの間でプレミア価格が付けられ、なかなか一般的に鑑賞できる状況ではなくなっている。ファンの間ではオリジナル版の再リリースを望む声が強いが、果たして4Kエディションではどうなるのだろうか。上述のギャレス・エドワーズ監督のインタビューでは、その内容まではわからない。

20世紀フォックスのファンファーレは健在

2015年時点でディズニーは全てのデジタル・ダウンロード版スター・ウォーズ作品で20世紀フォックスのファンファーレを取り除いているが、もし4Kエディションがリリースされることになれば、それはルーカスフィルムとディズニーだけの判断ではなさそうだ。

同インタビューでギャレスはルーカスフィルムで4Kエディションを鑑賞した記憶を「Foxのファンファーレが流れて、『遠い昔…』のテキストがあって、そしてあのメインテーマが流れたんです。」と語っていることから、4Kエディションには20世紀フォックスの権利もかかっていることがわかる。スター・ウォーズと共に育った大人たちの間では、「やっぱりあのファンファーレがなくっちゃ」と回顧する声も強い。

もしも、20世紀フォックスのファンファーレと共に、オリジナル版の『新たなる希望』が4Kエディションで劇場の大スクリーンで観ることができたら、往年のファンはまた劇場に通い詰めることになるだろう。最も、この情報はあくまでも推測や噂の域を出ないものであり、確定した公式情報ではない。しかし、実現した暁には『新たなる希望』と『エピソード8』を数ヶ月スパンで鑑賞し、さらに2018年春頃には『ハン・ソロ』スピンオフも公開されるという怒涛のスケジュールとなりそうだ。

4Kで先に撃つのは、グリードか、それともハン・ソロか?

スター・ウォーズ キャンペーン

Source:http://lwlies.com/interviews/gareth-edwards-rogue-one-a-star-wars-story/
http://www.denofgeek.com/uk/movies/star-wars/46074/star-wars-a-new-hope-4k-restoration-2017-re-release
https://www.inverse.com/article/25402-star-wars-a-new-hope-original-2017-4k
Eyecatch Image:http://imageevent.com/afap/wallpapers/movies/starwarsanewhopepostersetc?p=3&n=1&m=-1&c=4&l=0&w=2&s=0&z=3
© Disney
TM & © Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

THE RIVER創設者。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly