Menu
(0)

Search

『キャプテン・マーベル』監督コンビ、『アベンジャーズ/エンドゲーム』について「何も知らない」 ─ サノスとの対面は「楽しみ」

東京コミコン2018 キャプテン・マーベル
©THE RIVER

ブリー・ラーソンを主演に迎えたマーベル・シネマティック・ユニバース初の女性ヒーロー映画『キャプテン・マーベル』は、来たる『アベンジャーズ/エンドゲーム』(4月26日公開)に直結する超重要作品だ。監督を務めるのは、『ワイルド・ギャンブル』(2015)などの新鋭アンナ・ボーデン&ライアン・フレックである。

しかしアンナ&ライアンの二人は、どうやら『アベンジャーズ/エンドゲーム』について何も知らされていないようだ。米Fandangoのインタビュアーが『エンドゲーム』におけるキャプテン・マーベルの出番について尋ねると、アンナ監督は「そのお話はできないんです。何も聞かされていないので、何も知らなくて」と答えているのである。

それならば、1995年を物語の舞台とする『キャプテン・マーベル』は『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』(2018)や『エンドゲーム』の物語にどう繋がるのだろうか? しかしアンナ&ライアンは、この問いかけにもはっきりとは答えなかった。

アンナ:言えるのは、この映画(『キャプテン・マーベル』)は90年代を描く映画だということだけです。サミュエル・L・ジャクソンは若い頃のニック・フューリーですしね。

ライアン:それにトニー・スタークも、どうやってアイアンマンになるのかをまだ知りませんしね。だから…

アンナ:言えるのはこれだけなんですよ。

ただしアンナ監督は、『エンドゲーム』について「何も知らない」と言い切った一方、この質問に対しては明らかに回答を濁している。やはり自分たちが手がける作品だけあって、『キャプテン・マーベル』が『エンドゲーム』にどう繋がるかはきちんと把握しているのだろう。『エンドゲーム』の内容は、あくまで同作のアンソニー&ジョー・ルッソ監督にすべてが委ねられているとみられる。

ちなみに米AMC Sceneのインタビューでは、アンナ監督は『キャプテン・マーベル』の内容に言及しつつ『エンドゲーム』への期待を語っていた。

「この映画(『キャプテン・マーベル』)の最初では、彼女(主人公キャロル・ダンバース)は自分の強さを知りません。でも最後には…これは見てのお楽しみですね。えっと、こう言いましょう。『エンドゲーム』でサノスに対して彼女が何をするのか、私もすごく楽しみにしているんですよ。」

映画『キャプテン・マーベル』は2019年3月15日(金)全国ロードショー。

『キャプテン・マーベル』公式サイト:https://marvel.disney.co.jp/movie/captain-marvel.html

Sources: Fandango, AMC Scene

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly