Menu
(0)

Search

『アナベル 死霊博物館』呪いの品ぜんぶ触る ─ 恐怖の収蔵品をキャスト&スタッフが一挙紹介する特別映像

アナベル 死霊博物館
© 2019 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved

死霊館』ユニバースの最新作、『アナベル 死霊館の人形』(2014)『アナベル 死霊人形の誕生』(2017)に次ぐ『アナベル』第3作アナベル 死霊博物館が、2019年9月20日(金)に全国公開される。すでに全世界興行収入が2.23億ドルを突破した大ヒットホラーより、このたび「死霊博物館」の呪われた品々について明かされる特別映像が到着した。

超常現象研究家ウォーレン夫妻の家に、強烈な呪いを持つ人形が運び込まれた。その人形、「アナベル」は地下の“博物館”で呪われし品々とともに厳重に封印された。夫婦が仕事のために家を空けた、ある日のこと。娘のジュディは年上の少女メアリー、ダニエラと一夜を過ごすことに。しかしダニエラは、「警告 決して触るな」と書かれた博物館に入り込み、アナベルの封印を解いてしまう。それは、想像を絶する悪夢の始まりだった。史上最強の呪いの力を持つアナベルが、数々の悪霊を呼び覚まし、呪われし品々を従えて少女たちに襲いかかる!

実在した心霊研究家・ウォーレン夫妻の実体験を基に、さまざまな恐怖を観客にもたらしてきた『死霊館』シリーズ。本作はウォーレン夫妻が収集し、実在する“死霊博物館”に封じ込めていた呪いの品々が解き放たれて娘ジュディを襲うストーリーだ。今回の映像は、『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』(2017)の脚本家でもあるゲイリー・ドーベルマン監督、『死霊館』の生みの親である製作者ジェームズ・ワン、そしてウォーレン夫妻を演じてきたパトリック・ウィルソン&ベラ・ファーミガが呪われた品々を語るという内容となっている。

アナベル 死霊博物館
© 2019 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved

ワンが「(本作には)シリーズの前作までに披露された品も登場する。いわくつきの品ばかり」と語るように、本作はシリーズのファンを唸らせる“宝探し”的な面白さも見どころのひとつ。ウィルソン&ファーミガは「博物館は物語の始まりを予感させる」と話し、ドーベルマン監督は「収集品を見ると誰でもワクワクするでしょう。呪われた品々にまつわる話を垣間見られる映画です」と解説。

そして登場するのは、劇中に登場する恐怖映像の数々だ。暗闇でゆっくりとこちらを振り向くサムライ、呪いのウエディングドレス、まぶたにコインを乗せた死者、そして血走った目でシンバルを持ったサルのおもちゃ……は、仮に呪われていないにしてもなんとなく怖いから困る。ちなみにダニエラは、「決して触るな」という警告を完全無視し、これらすべてに触っていったという。どうしてそんなことをするの?

アナベル 死霊博物館
© 2019 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved

忘れてはいけない『死霊館』シリーズの元凶、アナベルはワンいわく「収集品の中でも強烈な力を持つ人形」。ドーベルマン監督は「アナベルが解き放たれ、悪霊を導き、少女たちを操る」と話しているが、果たしてこの屋敷で何が起こってしまうのか。

映画『アナベル 死霊博物館』は2019年9月20日(金)全国ロードショー

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~

極上サスペンス「THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~」疑い、裏切り、衝撃の連続にのめり込む ─ ニコール・キッドマン×ヒュー・グラント豪華共演

キャッシュトラック

ジェイソン・ステイサムが最強の新人『キャッシュトラック』ガイ・リッチーとの黄金タッグ復活、クライム・アクションの新たな傑作

クライム・ゲーム

【プレゼント】ソダーバーグ新作犯罪映画『クライム・ゲーム』THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ ベニチオ・デル・トロ、ドン・チードル、マット・デイモンら超豪華共演

クーリエ:最高機密の運び屋

【レビュー】『クーリエ:最高機密の運び屋』カンバーバッチの共依存がつくる緊迫のサスペンスに海外メディア絶賛

新スタートレック エンタープライズD

「新スタートレック」エンタープライズDを組み立てよ ─ スタジオモデルを精緻に再現したレプリカキットが限定発売

オールド

【予告編考察】シャマラン『オールド』時間が異常加速するビーチの謎 ─ 一日で一生が終わる極限タイムスリラー

ザ・スーサイド・スクワッド "極"悪党、集結

『ザ・スーサイド・スクワッド』は「観るエナジードリンク」、ヤバすぎ展開が「最初から最後まで1秒も止まらない」 ─ 推しキャラ、キング・シャークに人気集まる

フリー・ガイ

『フリー・ガイ』を観て「初めて映画で笑い泣き」 ─ 「観終わってもずっとドキドキ」「想像の7000倍」絶賛の声続々

Ranking

Daily

Weekly

Monthly