Menu
(0)

Search

『ダークナイト ライジング』アン・ハサウェイ、キャットウーマン役のオーディションをハーレイ・クイン役と勘違いしていた

ークナイト ライジング アン・ハサウェイ キャットウーマン
© Warner Bros. Entertainment

クリストファー・ノーラン監督による「ダークナイト」トリロジーの最終章『ダークナイト ライジング』(2012)でキャットウーマンを好演したアン・ハサウェイは、同役のオーディションをハーレイ・クイン役と勘違いして受けていたという。英BBCのラジオ局Radio 1とのインタビューにて明かしている。

セリーナ・カイル/キャットウーマンは、物語の主人公ブルース・ウェイン/バットマンの敵役であり、また恋愛関係でも結ばれるという複雑なキャラクター。同役のオーディションの一環としてノーラン監督との面接に臨んだアンは気合十分、ハーレイ・クインを意識した姿で挑んだのだという。

「ヴィヴィアン・ウエストウッドの可愛いトップスを着ていったんです。綺麗なんだけど、変わった仕立てになっていて、ストライプ柄があしらわれていて。それから、ジョーカーっぽいフラットシューズ。(その格好で)クリス(=ノーラン)にクレイジーに笑いかけようとしたんです。」

その後、1時間にも及ぶ面接でノーラン監督は「言わなくても大丈夫だと思うんだけど、これはキャット・ウーマンだよ」と念押しの一言。それを聞いたアンは、すぐに「ギアを切り替えた」という。数カ月後に行われた最終オーディションに挑む際、アンは「オッケー、オッケー、この役だよね、時間もあったし、準備もできたよね」と準備も万端にして臨んだのだそう。

見事、キャットウーマン役を手にしたアンの劇中での活躍は言うまでもないだろう。華奢なスタイルを駆使した華麗なアクションを披露したり、豪快にもバットポッドを乗りこなしたりするなど、キャットウーマンを演じ切った。とはいえ、ハーレイ・クイン姿のアン・ハサウェイも見てみたかったものだ…。

ークナイト ライジング アン・ハサウェイ キャットウーマン
© Warner Bros. Entertainment

現在、バットマンの新たな単独映画『ザ・バットマン(原題:The Batman)』の製作が進行中だ。アンの後を継ぐ新キャットウーマンに抜擢されたのは、『ファンタスティック・ビースト』シリーズのリタ・レストレンジ役で広く知られるゾーイ・クラヴィッツ。新型コロナウイルスの影響で撮影は中断されていたが、ゾーイは体型維持のために中断期間中も週に5日間のトレーニングを欠かさず行っているそうだ。ちなみに、アンは、ゾーイの出演が決まった際に自身のInstagramにてエールを送っていた

Source: BBC Radio 1

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly