ファルコン役アンソニー・マッキー、『スパイダーマン:ホームカミング』観ていなかった ― トム・ホランドの対応が秀逸

映画『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』(2018)や『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』(2016)などマーベル・シネマティック・ユニバース作品でサム・ウィルソン/ファルコン役を演じているアンソニー・マッキーが、『スパイダーマン:ホームカミング』(2017)を観ていなかったことが発覚。スパイダーマン役のトム・ホランドが秀逸な対応を示したことが話題だ。

2018年6月22~24日(現地時間)に開催されたAce Comic Con Seattleには、トムやアンソニーのほか、セバスチャン・スタン、トム・ヒドルストン、エリザベス・オルセン、ポール・ベタニー、ヘイリー・アトウェルといった豪華メンバーが集結。トムとアンソニー、セバスチャンが登壇したトークにて問題の発言は飛び出したのだった。

「スパイダーマンの映画、観るべき?」

トークの中で、とあるファンから“それぞれのキャラクターを象徴するセリフ”を尋ねられたトムやアンソニーは、とっさに具体的なセリフを思い出すことができずに回答に悩んでいた。そこで、トムが『スパイダーマン:ホームカミング』の続編を指して「そういうセリフが入るといいなと思います」と口にすると、隣に座っていたアンソニーが「この映画観るべき?」と一言。

驚いたトムが「スパイダーマンの映画、観てないんですか…?」と聞くと、アンソニーは顔をしかめて「うん」と答えたのだった。思わずトムは無の表情を見せ、観客からは“Oh…”の声が飛ぶ。しかしトムは、とっさに「僕もファルコンの映画は観てな……あっ、ありませんでした。すみません」とパーフェクトな対応を見せ、会場を喝采に包んだのだった。盛り上がる客席、爆笑するアンソニー、したり顔のトム、その隣で快哉を叫ぶセバスチャンと、その異様な空気は以下の映像でお確かめいただきたい。

 

アンソニーとセバスチャン、そしてトムの3人は『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』で共演しており、空港の戦闘シーンではコミカルなやり取りを含めて観客を楽しませてくれた。その後もプロモーションなどでアンソニーとセバスチャンは定期的にトムをイジっているが、その仲良し具合と相性の良さは今回のトークでも炸裂。和気あいあいとした雰囲気は映像でも存分に楽しむことができるので、お時間のある方はぜひゆっくりとご覧いただきたい。

3人の次回出演作品となる、映画『アベンジャーズ』第4作(正式タイトル不明)は2019年5月3日に米国公開予定

Source: Ace Universe
Eyecatch Image: [左]Public Domain [右]Photo by THE RIVER

About the author

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。