『アントマン』ポール・ラッドが続編の現状を語る タイト・スケジュールで進行中の模様

昨年公開された『アントマン』で脚本・主演を務めたポール・ラッドが、続編『アントマン&ワスプ(原題)』の製作状況を語った。

公開は2年後、しかしタイト・スケジュールの予感

『アントマン&ワスプ(原題)』は只今脚本作業が進められている。脚本には第1作に引き続きラッドとアダム・マッケイが参加しているほか、新鋭アンドリュー・バーラー&ガブリエル・フェラーリの名前もある。

『アントマン』がサターン賞で「最優秀コミック映画化賞」を受賞!監督が続編の構想を語る

ラッドは作業の進行状況をこう語った。

「僕たちはずっとストーリーを考えていて、やっとトリートメント(映画の構成と概略)を作ったところだ。でもまだ準備段階でね、アイデアはあるけど、そのほとんどがこれから変わってしまうと思うよ。だから本当にわからないんだ、具体的なことは言えないよ」

『アントマン&ワスプ』は2018年7月の公開を目指して製作が進められている。しかしアントマンは『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー(原題)』や『アンタイトルド・アベンジャーズ(仮題)』にも何かしらの形で登場するとみられるだけに、ラッドがそちらの撮影に参加する場合、決して十分余裕のあるスケジュールではなさそうだ。

またラッドは、ブリー・ラーソンがキャプテン・マーベル役でマーベル・シネマティック・ユニバースに参加することについて「僕はブリー・ラーソンが好きなんだ。彼女は素晴らしいよ。ラーソンが参加してくれてラッキーだと思う」と述べている。いつかアントマン&キャプテン・マーベルのタッグも観られるだろうか?

source: http://www.comingsoon.net/movies/news/756431-paul-rudd-offers-ant-man-and-the-wasp-update#/slide/1
http://screenrant.com/paul-rudd-ant-man-wasp-captain-marvel/

About the author

稲垣 貴俊(Takatoshi Inagaki)。THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくしてお伝えできればと思っております。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ポップカルチャーは世界を変える

TwitterでTHE RIVERをフォローしよう!


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。