Menu
(0)

Search

『アントマン&ワスプ:クアントゥマニア』は「今までで最高の作品になる」─ ワスプ役が脚本家を絶賛

アントマン&ワスプ
(c) MARVEL/PLANET PHOTOS 写真:ゼータ イメージ

マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)による『アントマン』シリーズ第3作、『アントマン&ワスプ:クアントゥマニア(原題)』の詳細は依然として不明のままだが、ワスプ/ホープ・ヴァン・ダイン役のエヴァンジェリン・リリーによると、シリーズ最高傑作になりうる可能性を秘めているようだ。

『アントマン&ワスプ:クアントゥマニア』は、『アントマン』(2015)『アントマン&ワスプ』(2018)に続く作品で、『アベンジャーズ/エンドゲーム』(2019)後の物語が描かれるとのこと。Colliderには、2021年7月下旬にて撮影が開始されており、イギリス・ロンドンにて現在も実施中と伝えられている。そんな中で同サイトの取材に応じたエヴァンジェリン・リリーは、本作の脚本を務めたジェフ・ラブネスについて、「彼は素晴らしい」と称賛している。

「これまでの中で最も素晴らしい脚本家のひとりだと思います。声の使い方がとても上手な方で、ページをめくると、すべてのキャラクターの声が聞こえてきて、それぞれのユニークな個性を生かそうとしていたことがよくわかりました。」

脚本のジェフ・ラブネスは、「リック・アンド・モーティ」(2013-)をはじめ、アカデミーやエミー賞の授賞式に作家として参加した経歴を持つ。マーベル・コミックにはライターとしていくつもの作品に参加し、キャプテン・アメリカやスパイダーマン、グルートといったキャラクターの物語を描いてきた。エヴァンジェリン・リリーは、脚本家を讃えた上で、「この作品はとても特別なものになると思っています。今までで最高の作品になりうる可能性を秘めています」と続けている。

第3作には、エヴァンジェリン・リリーのほか、主演のポール・ラッド、マイケル・ダグラス、ミシェル・ファイファーら、オリジナル・キャストが揃って復帰。新キャストとしては、ジョナサン・メジャーズがヴィランのカーン役、『ザ・スイッチ』(2020)などのキャスリン・ニュートンがキャシー役を演じる。

映画『アントマン&ワスプ:クアントゥマニア』は、2023年2月17日に米公開予定。

Source: Collider

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~

極上サスペンス「THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~」疑い、裏切り、衝撃の連続にのめり込む ─ ニコール・キッドマン×ヒュー・グラント豪華共演

キャッシュトラック

ジェイソン・ステイサムが最強の新人『キャッシュトラック』ガイ・リッチーとの黄金タッグ復活、クライム・アクションの新たな傑作

クライム・ゲーム

【プレゼント】ソダーバーグ新作犯罪映画『クライム・ゲーム』THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ ベニチオ・デル・トロ、ドン・チードル、マット・デイモンら超豪華共演

クーリエ:最高機密の運び屋

【レビュー】『クーリエ:最高機密の運び屋』カンバーバッチの共依存がつくる緊迫のサスペンスに海外メディア絶賛

新スタートレック エンタープライズD

「新スタートレック」エンタープライズDを組み立てよ ─ スタジオモデルを精緻に再現したレプリカキットが限定発売

オールド

【予告編考察】シャマラン『オールド』時間が異常加速するビーチの謎 ─ 一日で一生が終わる極限タイムスリラー

ザ・スーサイド・スクワッド "極"悪党、集結

『ザ・スーサイド・スクワッド』は「観るエナジードリンク」、ヤバすぎ展開が「最初から最後まで1秒も止まらない」 ─ 推しキャラ、キング・シャークに人気集まる

フリー・ガイ

『フリー・ガイ』を観て「初めて映画で笑い泣き」 ─ 「観終わってもずっとドキドキ」「想像の7000倍」絶賛の声続々

Ranking

Daily

Weekly

Monthly