Menu
(0)

Search

『アントマン&ワスプ:クアントゥマニア』プリプロ開始 ─「マンダロリアン」技術を採用して撮影へ

アントマン&ワスプ
(C)Marvel Studios 2018

マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)による『アントマン&ワスプ:クアントゥマニア』のプリプロダクション/撮影準備が着実に進められているようだ。

本作は、『アントマン』(2015)『アントマン&ワスプ』(2018)につづくシリーズ第3作であり、『アベンジャーズ/エンドゲーム』(2019)後の物語が描かれるという。撮影は2021年5月31日から9月24日まで、イギリスとアメリカで実施予定と伝えられていた。

撮影開始が迫る中、『アントマン』『アントマン&ワスプ』につづきメガホンをとるペイトン・リード監督がTwitterにて、イギリスのパインウッド・スタジオにてプリプロダクション中であることを明らかにした。Comicbook.comによると、監督によって投稿された写真から、『アントマン&ワスプ:クアントゥマニア』が、ドラマ「マンダロリアン」(2019-)と同様の最新技術を用いて撮影されることがうかがえるという。この技術は、スタジオにスクリーンを壁や天井に360度設置して、自由自在に背景・仮想空間を映し出すというもの。これにより、まるでロケで撮影しているかのような現実感あふれる映像を作り出すことが出来るのだ。

そんな画期的な最新技術が用いられる『アントマン&ワスプ:クアントゥマニア』のキャストには、ポール・ラッドやエヴァンジェリン・リリーをはじめ、マイケル・ダグラスとミシェル・ファイファーが復帰。新キャストとしては、キャスリン・ニュートンがスコットの娘役を引き継ぐほか、ジョナサン・メジャーズがヴィランのカーン役を演じる。脚本は、「リック・アンド・モーティ」(2013-)などのジェフ・ラブネスが執筆した。

映画『アントマン&ワスプ:クアントゥマニア』は、2023年2月17日に米公開予定。

あわせて読みたい

Source: Comicbook.com

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly