Menu
(0)

Search

マーベル『エージェント・オブ・シールド』シーズン5、最終話はシリーズ完結の可能性を考慮 ― 「どちらにせよ満足してもらえるものに」

エージェント・オブ・シールド
(C) 2016 MARVEL

映画『アベンジャーズ』(2012)など、マーベル・シネマティック・ユニバースの黎明期を支えたキャラクター、フィル・コールソンを主人公とするドラマ『マーベル エージェント・オブ・シールド』がシーズン5をもって完結する可能性が出てきた
シリーズの製作を統括するショーランナーによれば、これを受けて、シーズン5のエンディングはシリーズの完結を考慮して執筆されているようだ。米TV Lineのインタビューにて明かされている。

『エージェント・オブ・シールド』、シリーズの継続不明

2018年1月、『エージェント・オブ・シールド』の製作・放送を担当する米ABC局は、同シリーズのシーズン5以降の製作継続が未定であることを示唆していた。シーズン5の結末は、こうした局側の方針によって、2通り検討されることになったようである。


ショーランナーのジェド・ウェドン氏は、2018年2月末、『エージェント・オブ・シールド』シーズン5の最終話について、脚本作業の最中だと述べている。同じくショーランナーであるモーリサ・タンチャローエン氏は、「どんなラストになるかは決まっている」としながらも、それがシーズン5の結末になるか、シリーズ全体の結末になるかは「どちらか」だと強調したのだ。

これについてウェドン氏は、より具体的に現在の方針を語っている。

「これが(シリーズの)最後になるかもしれない、その準備をしているんです。どちらにせよ満足してもらえるものにしますよ。直前に方向転換することも、調整することもできます。ただし(シーズン5が)終わることからは逃れられない。計画していたことを(最終話では)やりますし、いずれにしてもスリリングな内容になります。」

『エージェント・オブ・シールド』シーズン5は、事前に決まっていた結末に向けてひた走るという。ただしシーズン5をもってシリーズが完結する可能性がある以上、ある程度は「ここで完結しても不思議ではない」という結末を迎えることになりそうだ。どの程度ストーリーをまとめるのか、また調整が入るとして、その範囲がいかなるものなのか、詳細はわからない。

ドラマ『マーベル エージェント・オブ・シールド』シーズン4は、2018年4月28日よりBS局Dlifeにて放送される。なおシーズン5の日本放送・配信については不明だ(2018年3月5日時点)。

Sources: http://tvline.com/2018/02/27/agents-of-shield-season-5-finale-series-finale-cancelled-or-renewed/
https://www.hollywoodreporter.com/live-feed/abc-boss-talks-disney-fox-deal-shonda-rhimes-netflix-pact-1072906

(C) 2016 MARVEL

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。国内舞台作品の執筆・創作にも携わっています。ビリー・アイリッシュのライブに行きたい。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly