Menu
(0)

Search

月面着陸50周年『アポロ11 完全版』緊急公開決定 ─ NASA超秘蔵映像を4Kリマスターで届ける、圧倒的迫力と臨場感の映像体験

アポロ11 完全版
© 2019 MOON COLLECTORS LLC

月面着陸から50周年。アメリカ公文書記録管理局(NARA)とNASAが発掘した超秘蔵映像と音源を4Kリマスター映像で描く、ドキュメンタリー映画『Apollo 11(原題)』が、邦題『アポロ11 完全版』として2019年7月19日(金)より109シネマズ 二子玉川ほかにて緊急公開される。


1961年。冷戦下の米ソ宇宙開発競争の中、アメリカではジョン・F・ケネディ大統領の下、人類を月に到達させる「アポロ計画」が進められていた。幾度もの失敗を経て、アポロ11号は1969年7月16日、ニール・アームストロング船長、マイケル・コリンズ、バズ・オルドリンの3人の宇宙飛行士を乗せ、地球を出発。7月20日に月に到着し、アームストロング船長の有名な「一人の人間にとっては小さな一歩だが、人類にとっては偉大な躍進だ」という言葉とともに、アポロ11号は人類史上初の月面着陸を成し遂げた。その後、7月24日に地球へ無事生還。全世界で約5億人がその偉業を見守ったという。

アポロ11 完全版
© 2019 MOON COLLECTORS LLC

本作は、アポロ11号の月面着陸から50周年を迎える今年(2019年)の夏、アメリカ公文書記録管理局(NARA)とNASAにより発掘された、70㎜フィルムのアーカイブ映像や11,000時間以上もの音声データを基に制作された、前代未聞のドキュメンタリー作品だ。当時の貴重な映像素材を、特注のスキャナーを使用し、8Kまでの解像度でHDRスキャニングを可能にしたことで、最高の画素と最良のクオリティをもつ映像が完成した。

アポロ11 完全版
© 2019 MOON COLLECTORS LLC

『アポロ11 完全版』は全米で3月に公開されて大ヒットを記録。ロケットの発射前から、月面着陸、地球生還までの9日間を詳細に捉え、4Kリマスターにより50年前の映像とは思えないほどの圧倒的な迫力と美しさを誇る、まさに“映画館で観るべき新時代のドキュメンタリー”である。あえてナレーションやインタビュー映像を使用せず、当時の映像と音源のみで構成された本作は臨場感と緊迫感たっぷり。打ち上げ管制センターや、宇宙飛行士たちが宇宙服を着用する様子、ミッション完了後に回収船に乗り込む様子とニクソン大統領の姿など、専門家たちも見たことがなかった秘蔵映像が満載だ。人類史に刻まれる奇跡的な達成を、歴史的発見映像&音源によってスクリーンで追体験できるまたとない機会となる。

『アポロ11 完全版』ギャラリー

アポロ11 完全版
© 2019 MOON COLLECTORS LLC

映画『アポロ11 完全版』は2019年7月19日(金)より、109シネマズ 二子玉川ほか全国ロードショー。なお、科学館・博物館限定で公開される『アポロ11:ファーストステップ版」は本作を再編集した短尺版となる。

『アポロ11 完全版』公式サイト:http://apollo11-movie.jp/

『アポロ11:ファーストステップ版』公開情報はこちら

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly