Menu
(0)

Search

DC映画『アクアマン』撮影開始!ニコール・キッドマン&ドルフ・ラングレンら豪華キャストも参戦

映画『ワンダーウーマン』が2017年8月25日、『ジャスティス・リーグ』の公開が同年11月19日に決定するなど、DCエクステンデッド・ユニバース(DCEU)が今年も動き出そうとする中、新たなヒーローの単独映画が本格的にスタートした。ジェイソン・モモア主演『アクアマン』だ。

モモア扮するアクアマンは、『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』で顔見せを果たし、『ジャスティス・リーグ』の予告編ではすでに十分な大暴れを見せている。そんな彼の単独映画となる『アクアマン』は“『インディ・ジョーンズ』の精神を継承する冒険活劇になる”といわれており、これまでのDCEU作品とはまた異なるアプローチの映画となりそうだ。


本作で監督を務めるジェームズ・ワン(『ソウ』『ワイルド・スピード SKY MISSION』)は、自身のTwitterで『アクアマン』の撮影がスタートしたことを報告している。

「徹底的な準備の日々がここに繋がった。さあ、行こう」

ワン監督がハッシュタグとして記し、カチンコにも刻まれている“AHAB”とは『アクアマン』のワーキング・タイトル(プロジェクト名)。その背景には、おそらく巨大な船か潜水艦かと思われる美術が設えられている……。

『アクアマン』豪華キャスト集結中!

あまり知られていないヒーローであること、しかも劇場公開まで1年半以上あることで、日本ではいまひとつ注目度の高まっていない『アクアマン』だが、実は本作には豪華キャストが続々と集まっている。

アクアマンを演じるジェイソン・モモア、ヒロインとなるメラを演じるアンバー・ハードのほか、アクアマンの弟オーシャンマスター役に『ウォッチメン』のパトリック・ウィルソン、アクアマンを支えるドクター・ヴォルコ役にウィレム・デフォー、宿敵ブラックマンタ役に『ゲットダウン』のヤヒヤ・アブドゥル・マティーン二世が配されているほか、最近になって、アクアマンの母アトランナ女王をニコール・キッドマンが演じること、アクアマンを殺そうと目論む海底王国エグゼベルの王ネリウスをドルフ・ラングレンが演じることが発表されているのだ。

キッドマンがヒーロー映画に出演するのは、なんと1995年の『バットマン フォーエヴァー』以来23年ぶり。出演オファーを受けた理由を、彼女はこう話している。

「ジェームズ・ワンが(キッドマンと同じ)オーストラリア人で、彼のキャリアをスタート以来追いかけていたからよ。ワンは私の親友の一人で、彼がアトランナ女王を演じてほしいってオファーしてくれたの。真珠を身につけられる、人魚の戦士になれると聞いて、すぐに“やるわ。やらせて”って言った。人生でやるべきことは、やらなきゃいけないのよ(笑)。だから楽しまないとね」

映画『アクアマン』は2018年12月21日全米公開予定

Sources: http://batman-news.com/2017/05/02/aquaman-set-photo-production-day-one/
http://www.hollywoodreporter.com/heat-vision/aquaman-dolph-lundgren-joins-cast-993459
http://ew.com/movies/2017/03/31/nicole-kidman-why-she-joined-aquaman/
Eyecatch Image: https://twitter.com/creepypuppet/status/859608259300278272

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

THE RIVER編集長。ライター、メディアの運営や映画などのプロモーション企画を行っています。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly