Menu
(0)

Search

DC映画『アクアマン』プロデューサー陣が絶対の自信示す ― 「DCユニバースの大いなる一歩に」

ジャスティス・リーグ
© JUSTICE LEAGUE and all related characters and elements are trademarks of and © DC Comics. © 2017 Warner Bros. Entertainment Inc. and RatPac-Dune Entertainment LLC. All rights reserved.

2018年、ワーナー・ブラザース&DCコミックスによるDC映画ユニバースは、いわば“小休止”の期間だ。バットマンやワンダーウーマン、フラッシュ、アクアマン、サイボーグが結集した『ジャスティス・リーグ』(2017)を経て、次の一手に向けての準備が着々と進められているのである。

そして、約1年の沈黙を破って2018年12月に米国で公開されるのが、『ゲーム・オブ・スローンズ』(2011-)のジェイソン・モモア主演による単独映画『アクアマン(邦題未定、原題:Aquaman)』である。監督を務めるのは『ソウ』『死霊館』シリーズや『ワイルド・スピード SKY MISSION』(2015)で知られるジェームズ・ワン。王道の海洋冒険活劇になっているらしい本作について、プロデューサー陣は絶対の自信をみなぎらせている。

Entertainment Weekly誌に対して、ジェームズ監督の力量に大きな信頼を語ったのは、ワーナー・ブラザース会長のトビー・エメリック氏だ。「ジェームズと彼のチームは驚くべき仕事をやってのけました。この映画はみなさんを特別な場所へと誘い、かつてない方法で水中の世界を創造しています。」

また『死霊館』シリーズでジェームズ監督と組み、『アクアマン』にも名を連ねた映画プロデューサーのピーター・サフラン氏は「期待通りの素晴らしいアクション、最高のユーモアが非常に高いレベルで実現しました。ジェームズのユニークなビジョンが結実しているんです」と豪語。さらには「DCユニバースをあるべき方向へと進める、大いなる一歩だと思います」とまで言い切った。

さらにアクアマンというヒーローを熟知するコミックライターであり、本作で共同脚本とエグゼクティブ・プロデューサーを兼任したジェフ・ジョンズ氏は「こんなふうに水中を描いたことはかつてなかった。とにかく美しいVFXショットができています」と映像のクオリティを強調した。さらにジェームズ監督については、「ホラーの世界から鮮やかでカラフルなアクションへ、そしてすごくエモーショナルなシーンへとモードを切り替えられる。ありとあらゆるジャンルで成功できる人です」と絶賛を送っている。

しかしながら、これほど製作陣がDCユニバースの進化に期待をにじませている『アクアマン』について、一般の観客はまだストーリーの詳細や予告映像にすら触れることができない。2018年6月11~14日(現地時間)にスペイン・バルセロナで開催されている「CineEurope 2018」では待望の第1弾予告編が上映されたことが判明しており、今はとにかくオンラインでの公開が待たれるばかりだ。

映画『アクアマン(邦題未定、原題:Aquaman)』は2018年12月21日に米国公開予定。アクアマンの活躍が見られる映画『ジャスティス・リーグ』のブルーレイ&DVDは現在発売中だ。

Source: EW
Eyecatch Image: 『ジャスティス・リーグ』より © JUSTICE LEAGUE and all related characters and elements are trademarks of and © DC Comics. © 2017 Warner Bros. Entertainment Inc. and RatPac-Dune Entertainment LLC. All rights reserved.

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly