Menu
(0)

Search

『アクアマン』ScreenX版の上映が決定 ─ 視界いっぱい、3面スクリーンで海底世界へダイブ

アクアマン
© 2018 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved. TM & © DC Comics

米国に先がけて世界各国で大ヒット、早くも世界興収40億ドル突破を目前に控えた注目のDCコミックス原作映画『アクアマン』が、2019年2⽉8⽇(⾦)より全国のScreenXシアターにて上映されることが決定した。

『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』(2017)や『MEG ザ・モンスター』(2018)など、海を舞台にする作品を「ScreenX」 シアターで観るメリットは映画ファンの間でも話題。『アクアマン』でも、視界に収まらない270°の3面マルチスクリーンによる演出が冒頭から炸裂。映画が始まる瞬間から作品の世界に吸い込まれるかのような感覚を楽しめるという。


特に注目したいのは、アクアマンがヒロインのメラとともにアトランティスを初めて訪れるシーンとハイライトの戦闘シーン。カラフルな海底宮殿の⾵景が3⾯スクリーンに広がり、美しい『アクアマン』の世界観が十分に表現される。また正⾯のスクリーンに収まらないほど多くの深海生物が登場するシーンでは、左右のスクリーンからクリーチャーが現れるような演出も用意されており、まるでアトランティスの宮殿を訪問しているような体験も期待できるとのことだ。

「ScreenX」は2012年にCJ CGVが世界初で開発した新次元の3⾯マルチ上映システムで、近年、ハリウッドの配給会社との協業を積極的に⾏いながら多数のブロックバスター映画を次々に公開中。アメリカやフランス、スイス、イギリス、中国、タイ、インドネシア、ベトナム、トルコ、アラブ⾸⻑国連邦など、全世界17ヶ国185スクリーンを運営中。
日本では2017年夏、ユナイテッド・シネマ アクアシティお台場にオープンし、11⽉9⽇(⾦)より、⽯川県「シネマサンシャインかほく」、⼭⼝県「シネマサンシャイン下関」、11⽉21⽇(⽔)より、福岡県「ユナイテッド・シネマ 福岡ももち」がオープンし、⽇本国内4劇場にて導入されている(※2018年12⽉現在)。

アクアマン
© 2018 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved. TM & © DC Comics

ScreenX(スクリーン・エックス)シアターとは

「ScreenX」とは、次世代型映画上映システムとして世界的に注⽬を集めている、3⾯マルチプロジェクション・映画上映システムです。正⾯のスクリーンに加え、両側⾯(壁⾯)にも映像が投影され、270度の視界すべてで映画を鑑賞することができ、映画の世界に⾃分の感覚が没⼊していくような臨場感を体験することができます。

「ScreenX」で上映される映画は、シーンによって正⾯のみに映像が投影されるシーンと、両側⾯に映像が投影されるシーンがあります。左右に広がる画⾯は映画のシーンにさらなる抑揚と臨場感をもたらす効果を⽣み出し、映画⾃体の持つポテンシャルを最⼤限に表現することを可能にしました。

『アクアマン』ScreenX上映劇場 

【ユナイテッド・シネマ アクアシティお台場】【ユナイテッド・シネマ 福岡ももち】http://www.unitedcinemas.jp/screenx/

【シネマサンシャインかほく】http://www.cinemasunshine.co.jp/theater/kahoku/

【シネマサンシャイン下関】http://www.cinemasunshine.co.jp/theater/shimonoseki/

映画『アクアマン』は2019年2月8日(金)全国ロードショー

『アクアマン』公式サイト:http://wwws.warnerbros.co.jp/aquaman/

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly