『アクアマン』主演ジェイソン・モモア、映画の脚本を絶賛「こんな作品は観たことがない」

2017年夏に撮影がスタートする、DCエクステンデッド・ユニバース作品『アクアマン(原題:Aquaman)』。この作品に主演しているジェイソン・モモアが、Ubisoft社による新作ゲーム『フォー・オナー(原題:For Honor)』のイベントにて、来たる映画版『アクアマン』の内容を絶賛しました。

映画『アクアマン』はジェフ・ジョーンズの描いたコミックが下敷きに?監督はコミックに感激 

イベントに参加したモモアは、取材で「バットマンにはたくさんの名作ゲームがありますが、もし貴方が参加するなら、どんなアクアマンのゲームになるでしょうか?」と聞かれて、こう答えています。

「(『アクアマン』の)脚本を読んだが、言わせてもらうと、こんな映画は観たことがない。誰も見たことのない、すごくクールな世界を見せられると思うよ。俺たちは(映画で)宇宙やあらゆる世界に行ってきたが、まだ深海に行ったことはない。海底ではとてもユニークなことが起きるんだよ。それに、『レイダース/失われたアーク』や『スターウォーズ』『ロード・オブ・ザ・リング』『ロマンシング・ストーン 秘宝の谷』といった大好きな映画の要素もある。カッコよくて愉快で、壮大な冒険に、見たこともないキャラクターや世界が登場するんだ。(ゲームを作るとしたら)素晴らしいゲームになるだろうし、アクアマンは世界一のキャラクターになるだろうね」

ジェイソン・モモアといえば、2011年に『コナン・ザ・バーバリアン』でコナン役を演じた経歴の持ち主だ。また海外では、ドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』の印象も強い人物である。今回、新たなキャラクターとしてアーサー・カリー/アクアマンを演じるにあたって、モモアは意気込みをこう述べている。

「(アーサー・カリーを演じるのは)とても大変だと思うよ、ちょっとネタにされたしね。でも『アクアマン』に参加する魅力は、自然の世界や、ほとんど知らない世界にどうやって入り込むか、ということだよ。興味深いことばかりさ。(自分にとって)ふさわしいタイミングだと思うよ。ザック(・スナイダー)は独自の視点を持ってるし、DCもサポートしてくれる。勇敢な一歩だよ。彼らが作り上げた世界観にとても満足してるし、その一部になれて本当に光栄だ」

アクアマンというキャラクターは、近年もっとも評価が高まった、いわば“出世魚”的なヒーローの一人。ヒーローであり、同時に国を引っ張る王であるという奮闘ぶりが好評を集めています。映画版は『ワイルド・スピード SKY MISSION』を手がけたジェームズ・ワン監督のもと、スペクタクル盛りだくさんの冒険映画になるといわれています。コミックファンの注目が集まるなか、映画でも頭角を現すことができるのか、期待したいところです。

DC映画『アクアマン』は『インディ・ジョーンズ』の精神を継承するド直球のアドベンチャー・ムービーに!

参考url: http://www.digitaltrends.com/movies/interview-jason-momoa-for-honor-aquaman/
Eyecatch Image: http://www.morningnewsusa.com/aquaman-jason-momoa-king-atlantis-new-fan-art-23104209.html

About the author

DCコミックスと非ヒーローコミックスをメインに読んでいます。

ユーロコミックスを原語で読むのが現状の目標です。

好きなヒーローチーム:ジャスティス・リーグ・インターナショナル

好きなヒーロー:たくさんのDCヒーロー(特にキース・ギッフェンがライターを担当した時のヒーローかヴィラン)

 

salarmko@outlook.jp

お仕事の依頼はこちらへ。

THE RIVER 公式iPhoneアプリ


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。