Menu
(0)

Search

『アクアマン』続編、「少しシリアスに」 ─ 前作監督ジェームズ・ワン、現代社会の反映を予告

アクアマン
(C) 2019 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved “TM & cDCComics”

ジェイソン・モモア主演、DC映画『アクアマン』(2018)の続編となる『アクアマン2(仮題)』では、現代社会が反映されることになりそうだ。前作で監督を務め、プロデューサーとして再登板するジェームズ・ワンが、続編での挑戦について僅かに明かしている。

『アクアマン』続編は、2022年の米国公開を目指して企画が進行中。監督としての続投は不明なものの、ワンは続編に盛り込むアイデアを既に構想しているようだ。ワンは、前作でオーム/オーシャンマスターを演じたパトリック・ウィルソンと共に、DCのバーチャルイベント「DCファンドーム」に登場。ウィルソンとの会話で、続編で「この世界を拡大する」と予告するワンは、「前作で出来なかった新しいことをやりたい」と述べながら、前作からの違いを話した。

2作目は、少しシリアスになります。私達が暮らしている今の世界に少し関係するようなものに。そういうことを続編では掘り下げていきたいんです。

続編において、何が“今の世界”で起こる事象と関係するのかこそ明かされていないものの、続投が決定しているウィルソンも「続編での新しい世界に期待したい」と述べている。

『死霊館』シリーズなど、これまで数々のホラー作を手掛けてきたワンは以前、『アクアマン』続編について「ホラー風味」を取り入れることを明かしていた。さらに、『アクアマン』のスピンオフ企画『ザ・トレンチ(原題:The Trench)』が「モンスター・ホラー映画」となることも予告している。DCユニバースで独自の路線を拡張し続ける『アクアマン』シリーズの今後に今から期待が高まるばかりだ。

『アクアマン』続編にはモモア、ウィルソンのほか、デイビッド・ケイン/ブラックマンタ役のヤーヤ・アブドゥル=マティーン2世が続投。脚本には前作に続きデヴィッド・レスリー・ジョンソンが参加している。

映画『アクアマン2(仮題)』は2022年12月16日に米国公開予定。

あわせて読みたい

Source: DC FanDome

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly