Menu
(0)

Search

『アクアマン』続編、早くも本格始動 ─ 脚本家が続投、ジェームズ・ワン監督はプロデューサーに就任

アクアマン
(C) 2018 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved “TM & cDC Comics”

ワーナー・ブラザース&DCコミックス製作、映画『アクアマン』(2019)の続編が早くも本格的に始動しているようだ。

報道によれば、ワーナーは続編の脚本家として、『アクアマン』で共同脚本を担当したデヴィッド・レスリー・ジョンソン=マクゴールドリックを起用。また、ジェームズ・ワン監督はプロデューサーに就任しているという。米The Wrapのほか、DeadlineVarietyなど大手メディアが相次いで伝えた。

2019年1月下旬、『アクアマン』続編企画の動向が報じられた際には、ワーナーは続編の製作にあたり、ワンが再び監督として復帰することを望んでいるとされた。ワンは脚本家の選定から企画に携わっており、続編の脚本が完成したのち、監督としての続投の可否を決定するという。
したがって2月12日現在、ワンが続編で監督を務めるかどうかは不明。またこのたび、前作プロデューサーのピーター・サフラン氏が続編に再登板することも判明している。

続編の脚本家として再び起用されたデヴィッド・レスリー・ジョンソン=マクゴールドリックは、ワン監督の手がけた『死霊館 エンフィールド事件』(2016)を執筆。『死霊館3(邦題未定、原題:The Conjuring 3)』(2020)に続投していることからも、ワン監督からの信頼が厚いクリエイターの一人といえそうだ。過去の作品には、『エスター』(2009)や『タイタンの逆襲』(2012)、ドラマ「ウォーキング・デッド」(2010-)などがある。

ちなみに『アクアマン』は、続編企画のほか、ホラー調のスピンオフ映画『ザ・トレンチ(邦題未定、原題:The Trench)』も進行中。こちらは『アクアマン』の主要キャストであるジェイソン・モモアやアンバー・ハードらが出演しない、比較的製作費を抑えた作品として企画されているという。なお、こちらにもワン監督&サフランはプロデューサーとして就任している。

映画『アクアマン』は2019年2月8日(金)より全国の映画館にて公開中

『アクアマン』公式サイト:http://wwws.warnerbros.co.jp/aquaman/

Sources: The Wrap, Deadline, Variety, THR

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly