Menu
(0)

Search

『アクアマン』続編あらすじが米公開、「思いがけない協力者」が登場へ

アクアマン
(C) 2019 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved “TM & cDCComics”

DC映画『アクアマン』(2018)の米国公開から3年。待望の続編映画『アクアマン・アンド・ザ・ロスト・キングダム(原題)』の劇場公開を約1年後の2022年12月16日に控えて、ワーナー・ブラザースが謎に包まれたあらすじの一端を明らかにした。

『アクアマン』続編には、アクアマン/アーサー・カリー役のジェイソン・モモアをはじめ、メラ役のアンバー・ハード、オーム役のパトリック・ウィルソン、アトランナ役のニコール・キッドマンブラックマンタ役のヤーヤ・アブドゥル=マティーン2世が続投する。しかし、物語の内容はこれまで謎のベールに包まれてきた。

このたびワーナーが公開したあらすじは、「古代の力が解き放たれる時、取り返しのつかない破滅からアトランティスと世界を守るため、アクアマンは思いがけない協力者との間に不安定な同盟関係を築かなければならない」というもの。前作は兄弟間の対立や家族関係をベースにした物語だったが、今回はより大きな脅威がアクアマンの前に立ちはだかることになりそうだ。

むろん気になるのは、“思わぬ協力者”の存在だろう。前作のメインヴィランだった兄のオーム、あるいはアーサーへの復讐に燃えるブラックマンタが本作では味方になる可能性もある。ブラックマンタ役のヤーヤは、続編の脚本について、キャラクターの複雑な一面が描かれることを示唆してきたのだ。

メインキャストのほか、本作には、前作で顔見せを果たしたスティーブン・シン博士役のランドール・パークも再登場。さらに新キャストとして、カーション役で「POSE/ポーズ」(2018-)のインディア・ムーア、オリジナルキャラクターのスティングレイ役でジャニ・ジャオが出演する。果たして誰が味方で、誰が敵なのか?

映画『アクアマン・アンド・ザ・ロスト・キングダム(原題:Aquaman and the Lost Kingdom)』は2022年12月16日に米国公開予定。前作監督のジェームズ・ワン、脚本家のデヴィッド・レスリー・ジョンソンも復帰する。

あわせて読みたい

Source: Warner Bros. UK

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

Ranking

Daily

Weekly

Monthly