Menu
(0)

Search

マッツ・ミケルセン、『残された者-北の極地-』ジャパンプレミアに登場 ─ 出演理由は脚本、ただし舞台は火星の予定だった

残された者-北の極地-
© 2018 Arctic The Movie, LLC.

「ハンニバル」(2013-)や『ドクター・ストレンジ』(2016)、『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』(2016)などの“北欧の至宝”マッツ・ミケルセン主演映画『残された者-北の極地-』が2019年11月8日(金)に公開される。このたび、本作のプロモーションとイベント「ハリウッド・コンベンション」のためにマッツが来日、本作のジャパンプレミア上映会に登場した。盛況となった会場より、オフィシャルレポートが到着している。

イベントに先がけ、マッツは9月6日から来日しており、数日間にわたって京都観光を楽しんでいたとのこと。「京都では自転車を借りて、いろんな場所をまわっていたんです。美しい街のお寺を巡ったり、丘を越えて温泉に入ったりしました。それから毎日、日本食をいただいたりしていたんですよ。ただ、自転車で9時間くらい移動したときは驚かれましたけどね」と笑った。


厳しい自然の中で撮影された本作を振り返って、マッツは「常に事件が起きているという状況で、35日間の撮影の予定が、19日しか撮れなかったんです」と明かす。「たとえば嵐のシーンを撮ろうとしていたら突然太陽が出てきたり、晴れている中で撮影しようとすると雪が降ってきたり。だから途中で諦めて、天候に合わせてフレキシブルにやろうということになりました」。

残された者-北の極地-
© 2018 Arctic The Movie, LLC.

新人監督ジョー・ペナが手がけた本作を引き受けた理由は、ズバリ脚本にあったという。

「読んでほしいという脚本がエージェントから送られてくるんですが、今回は『ハンニバル』のマーサ・デ・ラウレンティス(プロデューサー)から電話がありました。映画を撮ったことがない若者の脚本で、今読むべきだと。だから(積んであった脚本の)下から出してきて読みました。“すごいな、美しいな”と。誠実に書かれていると思ったんです。それからジョーと2時間ミーティングをしたんですが、僕が感じたことを彼も同じように感じていて。その2ヶ月後にはアイスランドで撮影をしていましたね。」

ちなみに本作は、もともと火星を舞台として構想されていたそう。マッツは「そのままだったらアメリカ人の役者が起用されていたかもしれないので、よかったなと思いました」と笑って付け加えた。

なおジャパンプレミアには、花束ゲストとして女優の佐藤仁美が登場。本作を観た佐藤は、テレビ番組のロケで北極圏の極寒を体験したことを思い出したという。このエピソードにマッツは、「北極圏では、寒さよりも風の強さの方が大変でした。風が吹くととても寒くなるんです」と応答。さらに「寒すぎると、食べることができずにやられてしまうんですよね」と語ると、佐藤は共感を示した。

残された者-北の極地-
© 2018 Arctic The Movie, LLC.

トークの中で、マッツは「やはり人は一人では生きていけない。誰かがいないと駄目なんです」と強調。これには佐藤も、「人のぬくもりは大事だと思います。恋人だったり、家族だったり、友だちだったり、生かされてるのはまわりのおかげ」と語った。

『残された者-北の極地-』

飛行機事故で北極に不時着したパイロットのオボァガードは、白銀の荒野を歩き回り、魚を釣り、救難信号を出しながら助けを待っていた。しかし救助に来たヘリコプターは強風のため墜落、女性パイロットは大怪我を負う。瀕死の女性を前に、男は自らの足で窮地を脱することを決意した。行動しなければ女性に未来はなく、自身にも明日は来ない。しかし勇気ある一歩を踏み出した彼に襲いかかるのは、寒さと飢え、そして肉食獣だった。極限状態の中、彼は自らの心の奥底に何を見るのか…。

残された者-北の極地-
© 2018 Arctic The Movie, LLC.

平均気温マイナス30度、刻々と変化する天候のなか撮影された本作は、マッツをして「これまでで最も過酷な撮影だった」と言わしめるほど。説明的なセリフや映像表現を排除した“体感型映画”でもある本作を監督したのは、ブラジル出身の新人ジョー・ペナ。製作総指揮は「ハンニバル」のマーサ・デ・ラウレンティス、音楽は『グレイテスト・ショーマン』(2017)のジョセフ・トラパニーズが担当し、「ゲーム・オブ・スローンズ」(2011-2019)などの強力なスタッフ陣がリアリティを徹底追求。洗練されたスタッフワークに、マッツ・ミケルセンによるキャリア史上最高の演技が融合し、ひとりの男の“生”への闘いが美しく描き出された。

映画『残された者-北の極地-』は、2019年11月8日(金)より新宿バルト9ほか全国公開

あわせて読みたい

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly