Menu
(0)

Search

『君の名前で僕を呼んで』アーミー・ハマー、新バットマン就任の噂を否定 ─ ベン・アフレックの卒業受けて

アーミー・ハマー
Photo by Gage Skidmore https://www.flickr.com/photos/gageskidmore/19509881830/

『ソーシャル・ネットワーク』(2010)や『コードネームU.N.C.L.E.』(2015)、『君の名前で僕を呼んで』(2017)などで知られる俳優アーミー・ハマーが、DCコミックスの人気ヒーロー、バットマンを演じるとの噂を否定した

先日、『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』(2016)などでブルース・ウェイン/バットマンを演じていたベン・アフレックが役柄を卒業することが判明。マット・リーヴス監督による単独映画『ザ・バットマン(邦題未定、原題:The Batman)』では、新たな俳優がバットマンを演じることになる。これを受けて、一部メディアやブログでは後任者としてハマーの名前が挙がっており、すでに契約交渉の最終段階にあるとの噂すら流されていたのだった。

しかしハマーは、英Yahoo! MOVIESの取材において、一連の噂を正面から否定している。

「そんな話は誰からも聞いてません。えっと…そうですね、こう言いましょうか。実際に、僕に仕事をくださるような方からは、(バットマン役に)興味があるかという話はされていないんです。(『ザ・バットマン』が)どういう状態なのかすら知りませんが、脚本を書いているところでしょう。撮影が近づいているとは思えません。確実に言えるのは、誰も僕の都合を確認してはいないってことです。残念ながらね。」

ハマーがバットマン役の契約交渉に入っているとの噂は、SNSを中心に広く拡散されていた。この事態を受けて、米国の大手メディアThe Hollywood Reporterのボリス・キット氏は「事実無根。『ザ・バットマン』について、出演者との面会は行われていないと聞いています」否定。Varietyのジャスティン・クロール氏も同じく「噂は誤り」とコメントしていた。

映画『ザ・バットマン(邦題未定、原題:The Batman)』は2021年6月25日に米国公開予定。キャスティングについては続報を待とう。

ベン・アフレックの卒業式はこちら

[お詫び]
記事初出時より、本文の翻訳部分を一部修正いたしました。誤りがございましたこと、誠に申し訳ございませんでした。

Sources: Yahoo!, Collider

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly