『レジェンド・オブ・トゥモロー』シーズン2にグリーンアローが参戦か?

DVD/BLU-RAYのBOXが発売され、好評の『レジェンド・オブ・トゥモロー』。ファイアストーム、アトム、ホワイトキャナリー、キャプテンコールド、ヒートウェーブをコミックでは隠れ大人気ヒーローのブースターゴールドの息子、リップハンターがリーダーとなって時空を旅する大冒険を繰り広げるという物語。衝撃的な事件が起こりつつもヒートウェーブの悪党からローグスへの成長や世界のために何とかしようと頑張るアトム、偏屈な教授と青年の交流など多くの見どころがありました。

ドラマ『レジェンド・オブ・トゥモロー』を楽しむなら必読!隠された小ネタの数々を解説


すでにシーズン2もめでたく決まり、あのシニアをメインとした人気ヒーローチーム、ジャスティス・ソサイエティ・オブ・アメリカの参戦も決定し、コミックファンの多くが熱狂しました。そして『レジェンド・オブ・トゥモロー』のシーズン2には『ARROW』のオリバー・クイーンも関わるようです。歴史家のドクター・ネイト・ヘイウッド、コミックではシティズン・スティールという名前のヒーローをしていた彼が重大な発見をし、壊された伝説を探す力になるよう要請するとのこと。他にもホワイトキャナリーとして活動するサラ・ランスが一人、ダミアン・ダークと対決するミッションを帯びていたり、ナチスがアインシュタイン博士を誘拐してNYに原爆を落とそうと企むのを防ごうとするなど、シーズン1以上のダイナミックな戦いが予想されます。

『The FLASH』シーズン2ではジャスティス・ソサイエティのメンバー、アル・ロススタインがアトムスマッシャーの名でヴィラン側で参戦するという興味深い事態もありました。彼はシャザムのヴィラン、ブラックアダムと親しくなった後に協力関係となり、過ちを犯してしまった歴史のあるキャラクター。ズームに脅されてフラッシュを襲ったのもそれを踏襲してかもしれません。ですがアルがコミックのDCユニバースにおいてジャスティス・ソサイエティのメンバーだったのは紛れもない事実です。彼もパイドパイパーのように歴史改変によってヒーローサイドになり、何らかの形で『レジェンド・オブ・トゥモロー』にてジャスティス・ソサイエティに関わるかもしれません。

そして実写映画化が予定されているブースターゴールドがドラマと同じ世界観なのではないかという説もあり、リップハンターの動向も見逃せません。DCユニバースRebirthで失われたジャスティス・ソサイエティの歴史が復活することが予告されてもおり。ドラマとコミックそれぞれでどういったDCユニバースの歴史が展開されていくか楽しみですね。

Source:http://www.cbr.com/legends-of-tomorrow-synopsis-reveals-green-arrows-role-in-シーズン2-premiere/

About the author

DCコミックスと非ヒーローコミックスをメインに読んでいます。

ユーロコミックスを原語で読むのが現状の目標です。

好きなヒーローチーム:ジャスティス・リーグ・インターナショナル

好きなヒーロー:たくさんのDCヒーロー(特にキース・ギッフェンがライターを担当した時のヒーローかヴィラン)

 

salarmko@outlook.jp

お仕事の依頼はこちらへ。

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。