Menu
(0)

Search

『アバター』第2作・第3作、主要キャストの撮影が終了 ― ジェームズ・キャメロン監督が報告

アバター
© 20th Century Fox 写真:ゼータ イメージ

2009年、巨匠ジェームズ・キャメロン監督が3D映画として世に放ち、全世界興行収入で歴代1位の記録を樹立した『アバター』。いまだ破られぬ記録を有する本作の公開から9年が経過しようとしている現在、キャメロン監督は『アバター』続編2作品で主要キャストの撮影を終了したことを報告している。

『アバター』米公式Twitterでは、キャメロン監督からのビデオメッセージのほか、監督が脚本・製作を務める新作映画『アリータ:バトル・エンジェル』(2019年2月22日公開)の予告映像が公開された。

 

この映像は『アバター』第2作・第3作(タイトル未定)の撮影現場から届けられたもので、キャメロン監督の背景にはパフォーマンス・キャプチャー用のセットがある。今回のビデオメッセージで、監督はこのように述べている。

「今日はスタントシーンの撮影をしますが、主な出演者の撮影はすべて終わりました。サム(・ワーシントン)、ゾーイ(・サルダナ)、シガニー(・ウィーバー)、スティーブン・ラング、ケイト・ウィンスレットはすでに撮影を終えていて、すばらしい演技を残してくれました。彼らの仕事に私がどれだけ満足しているか、お伝えすることはできないんですが。」

2018年10月末の時点で、シガニー・ウィーバーは『アバター』第2作・第3作の撮影を終えたことを米The Hollywood Reporterにて明らかにしていた。主要キャストの撮影終了時期は具体的に明らかになっていないが、製作は次の段階へと順調に移っているものとみられる。

映画『アバター2(仮題)』は2020年12月18日、『アバター3(仮題)』は2021年12月17日に米国公開予定。続く第4作は2024年12月20日、第5作は2025年12月19日に米国公開されると告知されている。

ちなみに『アバター2』は“3Dメガネ不要の3D映画”として企画されていることが以前報じられていた。今度はどんな映像革命を味わわせてくれるのか、今から楽しみだ。

Source: Avatar, Deadline, THR

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly