Menu
(0)

Search

『ゴーストバスターズ』オリジナルキャスト再集結の新作企画が進行中 ― ダン・エイクロイドが認める

ゴーストバスターズ

人気ホラーコメディ映画『ゴーストバスターズ』シリーズの新作企画が進行しているようだ。しかも2016年のリブート版『ゴーストバスターズ』とは異なり、オリジナルキャストが「再び集まる可能性がある」という。『ゴーストバスターズ』(1984)、『ゴーストバスターズ2』(1989)で脚本・出演を兼任し、現在に至るまでシリーズのメディア展開に携わってきたダン・エイクロイドが明かした。

このたび、ダンはテレビ番組「The Big Interview with Dan Rather」に出演。米国のファンサイトGHOSTBUSTERS Newsでは、番組内でのダンの発言が紹介されている。

ダンによると、現在企画されている『ゴーストバスターズ』新作映画では「残っているゴーストバスターズ3人が再び集まる可能性がある」とのこと。2018年11月15日現在、脚本が執筆されている最中だという。

オリジナルの『ゴーストバスターズ』では、ビル・マーレイ、ダン・エイクロイド、ハロルド・ライミス、アーニー・ハドソンの4人がタイトルロールの幽霊退治人として活躍。第3作の企画は長年にわたって断続的に進められていたが、2014年にハロルドがこの世を去ったことで断念され、リブート版へと企画は変更されている。こうした経緯もあって、リブート版にはオリジナルの出演者がカメオ出演して話題となった。

これまで『ゴーストバスターズ3』がなかなか実現してこなかったのは、ビル・マーレイが長らく出演を渋っていたためだ(のちに出演を了承し、リブート版にもカメオ出演している)。しかしダンは、新作映画へのビルの出演について「出てくれると思います。ストーリーがとても良いので、たとえゴーストを演じることになっても出てくれますよ」と述べている。

2019年夏、『ゴーストバスターズ』シリーズは誕生から35年を迎える。2017年夏、ダンは“2019年夏ごろに新作映画を公開したい”との意向を示していたが、現在脚本が執筆されている以上、新作の到着はもう少し先の話となるだろう。アニメ映画版の企画も存在するとされていたが、そちらの動向はわかっていない。

映画ファンが長らく待望した、『ゴーストバスターズ』オリジナルキャストによる新作映画はいよいよ実現するのか…! ひとまず、今は続報を待とう。

Sources: GHOSTBUSTERS News, ComicBook.com

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

Ranking

Daily

Weekly

Monthly