Menu
(0)

Search

『アベンジャーズ/エンドゲーム』の名ゼリフ「私はアイアンマンだ」には別案があった ─ ロバート・ダウニー・Jr.が明かす

アベンジャーズ/エンドゲーム
ⒸMarvel Studios 2019

マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)をローンチした記念すべき映画『アイアンマン』(2008)。シリーズ3部作の主人公アイアンマン/トニー・スタークは、『アベンジャーズ』シリーズではリーダーとしてスーパーヒーローチームを牽引し、『アベンジャーズ/エンドゲーム』(2019)では世界を救うために自ら犠牲となった。

そのシーンでアイアンマンは、MCU史に名を刻む「I am Iron Man(私はアイアンマンだ)」という名ゼリフを残したが、どうやら複数の代替案があったようだ。ポッドキャスト番組「Hypochondriactor」に出演したアイアンマン役のロバート・ダウニー・Jr.が、あの最後のセリフについて訊かれて裏話を披露している。

「推したいと思っていた代替のセリフが本当にたくさんありました。どれも自分で試したくなるような超思い上がったセリフで、“お前はもう終わりだ(You are so f*cked.)”とか。自分では“オー、スナップ!(Oh snap)”と言うつもりだったんです……。そのセリフは粋がっていて、(トニーの)全体的なキャラクター像を表していますよね。それは確か、素晴しき編集者か脚本家の誰かのアイデアでした。その人は、最初の映画に戻って、トニーのオリジンを表す言葉で彼を死なせる必要があると言っていました。僕たちは締めくくるのが好きですから。」

ダウニー・Jr.が言う「オー、スナップ!」とは、“くそっ!”といった意味のスラングであるが、指を“パチン”と鳴らす時の表現にも掛けている。他にも、トニーがインフィニティストーンを手に入れた後に何も言わない案もあったが、上手くいかなかったとのこと。その時に「私はアイアンマンだ」というセリフが打診されたそうだが、最初、ダウニー・Jr.は乗り気ではなかったのだとか。即興を好むことで知られるダウニー・Jr.は、トニーの最後の場面で決められたセリフを言いたくなかったのかもしれないが、あの名ゼリフのおかげで、涙なしでは観られない感動のシーンが誕生したことは言うでもないだろう。

あわせて読みたい

Source:Hypochondriactor

Writer

Hollywood
Hollywood

ロサンゼルスに11年在住していた海外エンタメ翻訳家/ライター。海外ドラマと洋画が大好き。趣味は海外旅行に料理と、読書とキャンプ。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly