Menu
(0)

Search

『アベンジャーズ』第5作・第6作が製作決定 ─ 2025年春・秋に連続公開

https://twitter.com/MarvelStudios/status/1551009643698106368 https://twitter.com/MarvelStudios/status/1551009742604013568

マーベル・スタジオは、マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)作品アベンジャーズシリーズの第5作・第6作を2025年春・秋に連続公開することを決定した。2022年7月23日(米国時間)、サンディエゴ・コミコンにて発表された。

第5作は原題アベンジャーズ:ザ・カーン・ダイナスティ(原題:Avengers: The Kang Dynasty)』として、2025年5月2日に米国公開予定。続く第6作は、原題『アベンジャーズ:シークレット・ウォーズ(原題:Avengers: Secret Wars)』として2025年11月7日に米国公開予定だ。この2作をもって、MCUの「フェイズ6」が幕を閉じるという。

サブタイトルとなった『ザ・カーン・ダイナスティ』と『シークレット・ウォーズ』は、それぞれコミックの有名エピソードに由来するものだ。『ザ・カーン・ダイナスティ』とは日本語で「カーン王朝」の意。コミックでは30世紀から現れた征服者カーンとアベンジャーズの激闘が、2001年6月から2002年8月まで全16回にわたって描かれた。かたや『シークレット・ウォーズ』はアベンジャーズやファンタスティック・フォー、X-MENらが共演した大型クロスオーバー・シリーズだが、このタイトルには1984~1985年の『マーベルスーパーヒーローズ:シークレット・ウォーズ』(ヴィレッジブックス)と、2015年の同名作品(こちらもヴィレッジブックスより邦訳版が刊行済み)がある。映画化がどちらをベースとしているのかがポイントだろう。

2022年の本記事時点で公開は3年後だが、逆に3年遡れば『アベンジャーズ/エンドゲーム』の公開年である2019年だ。そう考えると残り時間は意外と短い。監督・脚本を務めるのは誰なのか、そして新生アベンジャーズは誰の手で率いられることになるのか?

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

プレデター:ザ・プレイ

『プレデター:ザ・プレイ』狩るか狩られるか?観たかった「プレデター」が詰まった戦慄サバイバル ─ シリーズ復習で備えよう

アンビュランス

『アンビュランス』は何位?マイケル・ベイ人気投票「BAY-1(ベイワン)グランプリ 」結果発表【プレゼント】

L.A.コールドケース

【解説】ジョニー・デップ『L.A.コールドケース』ラッパー暗殺事件って? ─ 90年代ヒップホップ界で起きた最悪の未解決事件とは

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

Ranking

Daily

Weekly

Monthly