Menu
(0)

Search

ゴーストライダーを演じたいライアン・ゴズリング、キャプテン・カナダも演じてみたい

ファースト・マン ライアン・ゴズリング デイミアン・チャゼル監督 来日記者会見にて
©THE RIVER

『ラ・ラ・ランド』(2016)『ブレードランナー 2049』(2017)など、数多くの話題・大作映画に主演していながら、これまでスーパーヒーロー役とは無縁だったライアン・ゴズリング。先日、銀河を守るスーパーヒーロー「ノヴァ」を描くマーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)の企画に主演するとの噂を否定し、「ゴーストライダーを演じたい」とのコメントが報じられたゴズリングが、今度は別のスーパーヒーローの名前を挙げている。

Netflixの映画『グレイマン』のために、米MTV Newsのインタビューにゴズリングが登場。共演者であるクリス・エヴァンスについて、「お2人が過去に同じ役を奪い合ったことがありますか?」と尋ねられると、ゴズリングが「キャプテン・カナダのオファーを待っていたんですよ」と冗談交じりに回答。続けて、「これまでに、いくつのコミックヒーロー役を断ってきたのですか?」と質問を振られ、「スーパーヒーローは僕に適していないですんですよ。でも演じてみたいけどね」と反応していることから、スーパーヒーローに興味はあるようだ。

ちなみに、カナダのオンタリオ州出身のゴズリングが言及したキャプテン・カナダは、まさにキャプテン・アメリカのカナダ版ともいえるスーパーヒーロー。1979年にカナダの新聞でデビューしたキャプテン・カナダは、国家とその象徴である自由を守ることを任務とし、超自然的な身体的・精神的な能力を発揮できるスーツを身に着けて活躍するキャラクターだ。しかし、このインタビューの流れ的に、このスーパーヒーローを実際にゴズリングが知っていてそう答えたのか、単にキャプテン・アメリカにかけて、自分がカナダ出身だからキャプテン・カナダと答えたのかは不明だ。

続けてインタビュアーが、「ある噂がありますよね。そのことはご存じですか?」と訊くと、キャラクターの名前が挙がっていないのに、ゴスリングが「ノヴァのことは何も知らないですよ。それが君が訊きたいことならね。僕にノヴァのこと尋ねるのかい?」と、質問に質問で切り返している。ちょっとソワソワして落ち着かない様子のゴズリングの態度が少々怪しく感じなくもないが、果たして……?

なお、「ノヴァ」のプロジェクトに関しては、「ムーンナイト」のサビール・ピルザダが脚本で参加すると発表されたが、キャスティングは未定だ。

あわせて読みたい

Source:YouTube

Writer

Hollywood
Hollywood

ロサンゼルスに11年在住していた海外エンタメ翻訳家/ライター。海外ドラマと洋画が大好き。趣味は海外旅行に料理と、読書とキャンプ。

プレデター:ザ・プレイ

『プレデター:ザ・プレイ』狩るか狩られるか?観たかった「プレデター」が詰まった戦慄サバイバル ─ シリーズ復習で備えよう

アンビュランス

『アンビュランス』は何位?マイケル・ベイ人気投票「BAY-1(ベイワン)グランプリ 」結果発表【プレゼント】

L.A.コールドケース

【解説】ジョニー・デップ『L.A.コールドケース』ラッパー暗殺事件って? ─ 90年代ヒップホップ界で起きた最悪の未解決事件とは

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

Ranking

Daily

Weekly

Monthly