Menu
(0)

Search

『アベンジャーズ4』いよいよ本格的に制作再開へ ― 編集や再撮影など仕上げ作業、2019年5月公開に向けて

アベンジャーズ
© Walt Disney Studios Motion Pictures 写真:ゼータ イメージ

マーベル・シネマティック・ユニバース作品『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』(2018)が全世界の観客に衝撃をもって受け入れられたのち、制作陣はほんのわずかな小休止を挟んでいたらしい。2019年5月公開、映画『アベンジャーズ/エンドゲーム(邦題未定、原題:Avengers: Endgame)』の制作が、いよいよ本格的に再開されるという。

2018年6月14日(米国時間)、脚本家のクリストファー・マルクス&スティーブン・マクフィーリーが、映画監督ケヴィン・スミスが司会を務めるオンラインのトーク番組「FAT MAN ON BATMAN」に登場。そこで第4作の制作再開時期について問われると、クリストファーは「明日(15日※現地時間)の11時ですよ」と答えたのだった。

『アベンジャーズ4』は撮影を済ませて、しばらく動いていない状況でした。再撮影や修正のために、今はその準備をしているところです。(アンソニー&ジョー・)ルッソ兄弟は、(『インフィニティ・ウォー』の)プレス・ツアーが終わってから数週間、その作業に入っています。そして明日、全員が集まるんですよ。」

すなわち制作そのものは小休止を挟んでいたとはいえ、監督&脚本家チームはその間も次の準備を進めていたというわけだ。『インフィニティ・ウォー』と『アベンジャーズ』第4作を連続で撮影し、前者を完成させ、プロモーションで世界を飛び回り、ほんの少しだけ休憩しながら準備を進め、ついに第4作の仕上げ作業へ……。想像するだけでおそろしいスケジュールである。

なお『アベンジャーズ』第4作の再撮影および追加撮影は2018年秋に実施される予定。これをもって、キャプテン・アメリカ役のクリス・エヴァンスやソー役のクリス・ヘムズワースら『アベンジャーズ』(2012)の主要出演者はマーベルとの出演契約を満了することになる。いよいよ“一区切り”の時は近づいているというわけなのだ。

ところで製作陣は、ついに再開される第4作の制作に並々ならぬプレッシャーを感じているようである。クリストファーは冗談まじりに、現在の状況をこう打ち明けた。

「(再開されて)ショックですよ。前作が完成して、公開されて、20億ドルを売り上げたのに、まだやることがいっぱい。“なんだよ、ぜんぜん終わってないじゃん”って感じですね……。」

映画『アベンジャーズ/エンドゲーム(邦題未定、原題:Avengers: Endgame)』は2019年4月26日(金)より米国公開予定

Sources: Kevin Smith, ComicBook.com
© Walt Disney Studios Motion Pictures 写真:ゼータ イメージ

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条として、海外の映画・ドラマを中心に執筆しています。日本国内の映画やアニメーションも大好きです。国内舞台作品の執筆・創作にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly