『アントマン&ワスプ』完成、『キャプテン・マーベル』もうすぐ撮影終了!マーベル・スタジオが制作状況を報告

マーベル・シネマティック・ユニバース作品を製作する米マーベル・スタジオが、来たる新作映画『アントマン&ワスプ』『キャプテン・マーベル(邦題未定、原題:Captain Marvel)』の制作状況を報告した。『アントマン&ワスプ』は2018年7月6日に、『キャプテン・マーベル』は『アベンジャーズ』第4作(正式タイトル不明)の直前にあたる2019年3月8日に米国公開をそれぞれ控えている。

このたびマーベル・スタジオは、全米製作者組合が主催するカンファレンス・イベント「Produced By Conference 2018」に参加。発表の様子を、米The Wrap誌の記者ウンバート・ゴンザレス氏が伝えている。

発表によれば、『アントマン&ワスプ』は2018年6月8日(米国時間)に無事完成したとのこと。すなわち作品の仕上げ作業(ポストプロダクション)が完了したことを意味しており、あとは6月25日(同じく米国時間)に予定されているワールド・プレミアでのお披露目を待つのみとなった。

『アントマン&ワスプ』は、『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』(2016)の直後、『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』(2018)以前を描く物語。前作『アントマン』(2015)のヒロインであるホープ・ヴァン・ダインが新ヒーロー・ワスプとして初登場し、主人公スコット・ラング/アントマンとのチームアップを見せる。出演者にはポール・ラッド、エヴァンジェリン・リリー、マイケル・ダグラス、マイケル・ペーニャらが続投、新キャストとしてミシェル・ファイファーやローレンス・フィッシュバーン、ハンナ・ジョン・カメンらが加わる。監督は前作に引き続きペイトン・リードが務めた。

 

一方、『ルーム』(2015)のブリー・ラーソンを主演に迎えた『キャプテン・マーベル』は本撮影を1, 2週間残すのみ。これからポストプロダクションや再撮影・追加撮影を控えているものの、2018年3月中旬から始まった撮影は順調に進んでいるとみられる。

1990年代を舞台とする『キャプテン・マーベル』は、アイアンマン登場以前の地球と社会を本格的に描く(『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』を除く)初めてのマーベル・シネマティック・ユニバース作品。ニック・フューリーやフィル・コールソンが若き日の姿で登場するほか、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』(2014)のヴィランだったロナンらクリー人も姿を見せ、星間戦争に地球が巻き込まれる物語になるという。監督は新鋭アンナ・ボーデン&ライアン・フレック。新キャストに加わるベン・メンデルソーン&ジュード・ロウも楽しみだ。

映画『アントマン&ワスプ』は2018年8月31日より全国ロードショー。『キャプテン・マーベル』は2019年3月8日に米国公開予定だ。

『アントマン&ワスプ』公式サイト:https://marvel.disney.co.jp/movie/antman-wasp.html

Sources: Umberto Gonzalez(1, 2

About the author

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。