Menu
(0)

Search

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』劇中曲、ファンの提案が採用されていた

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス
写真:ゼータ イメージ

なんて夢のある話…!

1970~1980年代のロック&ポップスが劇中にふんだんに使用されていることが特長の映画ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーシリーズで、とあるファンの提案が本編に採用されていたことがわかった。ジェームズ・ガン監督が明かしている。

ファンから提案を受けたのは、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』(2017)で流れる、Silver(シルバー)が1976年に発表した楽曲「Wham Bam Shang-A-Lang」だ。劇中ではショーン・ガン演じるクラグリンがこの曲を聴いているところ、アイーシャ率いるソヴリン軍が大挙して現れる……。

「『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』の“Wham Bam Shang-A-Lang”は、Twitterでどなたかに提案されたんです。元の投稿者が見つかればいいんですが。それまで聴いたことがなかったんです、70年代の曲だということすら最初は知らなくて。」

このあと投稿者と思しき人物の投稿が発見され、正確にはTwitterではなく、ガン監督によるFacebookの投稿に付けられたコメントがきっかけだった可能性が高いことが判明している。いずれにせよ、ガン監督はファンからの提案で劇中曲を選んでいたわけだ。

自分の提案した曲が『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』の本編で流れるなんて、まさか投稿者本人も想像しなかったことだろう。続編映画『Vol.3(原題)』のサウンドトラックは選曲が進んでいるそうなので今からでは間に合わなさそうだが、ガン監督がその後もシリーズの新作を手がける可能性はゼロではない。劇中で聴いてみたい曲や、これこそ『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』向きだと思える曲を提案してみたら、今後もしかして採用される可能性も……?

映画『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー Vol.3(原題)』は2020年米国公開予定。もちろんリクエストはほどほどに、ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーはラジオ番組ではありません!

Source: James Gunn

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly