『アントマン&ワスプ』イギリスでの公開遅延、主演俳優ふたりが遺憾の意 ― 「腹が立つ」「理解できない」

マーベル・シネマティック・ユニバース作品、映画『アントマン&ワスプ』の劇場公開をめぐってイギリスのファンは混乱のさなかにある。アメリカで2018年7月6日に公開される本作は、イギリスでは8月3日まで劇場公開されないのだ。
その理由として有力なのは、2018年6月14日に開幕した「2018 FIFAワールドカップ」。イギリスで大きな注目を集めるサッカーの祭典と競合しないよう、ディズニー/マーベル・スタジオは『アントマン&ワスプ』の英国公開を遅延させたといわれているのである。

ところがこの事態に、主演俳優ふたりが遺憾の意を表明する事態が勃発した。スコット・ラング/アントマン役のポール・ラッド、ホープ・ヴァン・ダイン/ワスプ役のエヴァンジェリン・リリーは、英Empire誌のインタビューで歯に衣着せぬ物言いを連発している。

英国での公開遅延、「腹立つ」「理解できない」


冒頭に触れた通り、『アントマン&ワスプ』の英国公開は、なんと米国公開の約1ヶ月後。Empire誌のインタビュアーは、この事態について、ポール&エヴァンジェリンに「お二人は影響力があると思うんですが、何ができることはないでしょうか…」と訴えている。

するとポールは、「(マーベルに)電話させてくださいよ。それはおかしいよ」と一言。エヴァンジェリンは「納得できない」と同意してから、想像以上に激しい思いを打ち明けた。

「彼ら(映画スタジオ)はいつもそういうことをしますよね。そこで何が起こるかっていうと、著作権を侵害する人たちが出てくるんですよ。そして、起こりうるかぎり最悪の方法で映画を観る人たちが出てくる。映画館に行くんじゃなくて、オンラインでひどい映像を見るんですよ。最終的には(映画館へ)行く人もいますけど、そういう(時期の)ズレは好きじゃないですね。みなさんのために原因を調べますよ。みなさんと同じくらい、私は腹を立ててます。」

そこでインタビュアーは、原因として有力視されているワールドカップの開催を指摘。ポールは「きっと正解だと思いますよ」と述べて、エヴァンジェリンと同じく率直な意見を口にしている。

「理解できません。うーん…僕たちがワールドカップの時期を動かせたらな。」

 

すでに英国のファンの間では、『アントマン&ワスプ』の公開遅延について怒りと嘆願の声が続出している。エヴァンジェリンは著作権侵害の恐れがあると述べたが、それ以上にファンの間で切実なのはネタバレの危険性だ。『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』(2018)を世界中の観客が目撃した今、マーベル・シネマティック・ユニバース作品のネタバレは本当にナイーブな問題なのである……。

それにしても公開遅延の件について、主演俳優がこれほど明確に声をあげるケースは珍しいだろう。観客が映画を早く観たいのはもちろんのこと、作品を生み出したキャスト&スタッフにはまた別の思いがあるにちがいない。

映画『アントマン&ワスプ』は2018年7月6日に米国で、8月3日に英国で公開予定。なお、日本では2018年8月31日より全国ロードショー

『アントマン&ワスプ』公式サイト:https://marvel.disney.co.jp/movie/antman-wasp.html

Source: Empire Magazine 2018 July
Eyecatch Image: MARVEL/PLANET PHOTOS 写真:ゼータ イメージ

About the author

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。

Comments

  • チェリー 2018年6月20日 at 9:16 PM

    THE RIVERさん、日本の公開日は赤字表記でお願いします。ホント、全ての日本の映画配給会社に聞かせたい話。

    Reply
  • op3-c 2018年6月21日 at 5:04 PM

    誰か日本での公開日も二人に伝えてくれ!!!!

    エヴァンジェリンのツイッターにリプはしといたんですが。。

    Reply